ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

アカハタなどロックフィッシュ攻略でオススメ!SEハタクローのビフテキリグ攻めなどを紹介

 What’s up!! モンキーです!モンキーInstagramはこちら

 

今回はホームエリアの大阪湾ネタではなく、今が旬の三重県ロックフィッシュネタをお送り致し ます♪

三重県といえばアカハタをはじめとしたロックフィッシュゲームが 有名なエリア。

そしてボク自身も無類のロックフィッシュ好きであり、毎年この時期には三重へ遠征釣行するのが定番化しています♪

というわけで今回は熊野エリアの沖磯を例にしたロックフィッシュ攻略法を解説させていただきます!

 

さて、私がロックフィッシュ狙いで多用するのが、ハタクローのビフテキリグです!

多用ワームはロックフィッシュ用に開発された「SEハタクロー

まずは多用ワーム!ロックフィッシュ用に開発された「SEハ タクロー」について!SEハタクローは、ハイピッチなアームアクションが特徴のクローワームです。

ロックフィッシュには欠かせない甲殻類系フォルムでロックフィッシュに絶大な効果を発揮します。

特徴は何と言っても2つのアームです。

このアーム形状がハイピッチアクションを生み出し、強アピールで魚を寄せ付けます。

ジャクソン公式SEハタクロー詳細ページ→こちら

出典:YouTubeチャンネル「studio jackson」

 

オススメリグは ビーンズシンカーを使ったビフテキ(ビーフリーテキサス)です

続いておすすめリグですが…

基本のリグはテキサスリグやジグヘッドリグといったところですが、私的にオススメはビフテキ(ビーフリーテキサス)です!!

ロックフィッシュのリグとしてはフリリグ(フリーリグ)なども流行っていますが、私のおすすめはビーンズシンカー(ジャングルジム)を使ったビフテキなんです!

磯際のシモリなど狙う釣りなので、すり抜け性能とボトム感知能力に長けたシンカーを使う必要があります。

ビーンズシンカーはトップクラスの使いやすさで根がかりなどのストレスを最小限に減らしてくれ、釣果に繋がります。

幅広いウェイトラインナップにタングステンモデル、鉛モデルがあるので全てのシチュエーションで使い分けが可能です。

シンカーは28g(1oz)を

基準に三重の地磯、沖磯ではシンカーウェイトは28gを基準にするのがおすすめです。水深は20m以上あるところ狙うことが多くなるのでしっかり底をとるためにはこれくらいの重さが必要になります。うねりや、表層と底付近の潮の走り方の違いなどから意外と底取りが難しいこともあります。

ボクの場合は、21g〜35gを使い分けています。

参考・過去記事 ビフテキリグって?
配信記事はこちら
1 / 3
次へ