ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

アカハタなどロックフィッシュ攻略でオススメ!SEハタクローのビフテキリグ攻めなどを紹介

基本アクションはボトムでのリフト&フォール

アカハタはボトムの依存度が高いので、しっかりボトムをとってからのリフト&フォールで誘います。

バス釣り的なボトムバンプでは移動距離に欠け、アピールが弱くなるので、しっかりリフトさせる誘いの方が反応が良いことが多いです。

また、このSEハタクローはカタチこそ甲殻類系ですが、アームアクションから中層の巻きにも対応します。

ちょっとここで補足

SEハタクローは強アピールワームということは先ほど説明した通りですが、そのアピール力がかえってデメリットとなることがあります。

それは…エサ取りにも気づかれて格好の餌食になってしまうことがあります。
おそらくフグや小さなダツ、カマスとかだと思いますが…次の写真をご覧ください。
これはエサ取りの標的になり、28gのビフテキで1キャストで着 底するまでにこんなことになってしまったの図です笑!
こんな時は、シンカーを35gなど重たくして、
より早く底まで落とすか、動きの少ないカーリーテールやストレー ト系ワームに
変えると被害最小限で済みます!

SEハタクローのカラーローテについて

海釣りで定番の「赤系」「パールホワイト系」「ピンク系」のメインにローテしていきます。
磯は意外と狙える範囲、キャスト出来る範囲が限られることも多いので同じエリアで釣り込んで行くこともあります。
そんな時にカラーローテで飽きさせないのが数を釣るためのキーとなってきますので、たくさんカラーを持って行くと良いです。
そして、ぜひ持っておいてほしいのがクリアボディにラメが入った「クリアラメ系」です!
このカラーは晴天ドピーカン時に最強になります!
また食っているベイトが魚系の時にも有効なカラーとなります。
ぜひお忘れなく♪
2 / 3
前へ 次へ