ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

羽生和人がベビーチン1.5インチを解説! 本当に投げて沈めるだけ!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

房総・亀山湖をホームに活躍する羽生和人さんに、ベビーチン1.5インチについて解説してもらいました!

エンジンから今年発売となるベビーチン。少し前に軽くご紹介しましたので、よろしければそちらもどうぞ!

【シンプルに、沈めて釣れる虫】エンジンからBABY-CHIN(ベビーチン)1.5インチが今春登場予定!

投げて沈めるだけ

羽生さんはベビーチン1.5を「ホントに投げて沈めるだけで釣れるワーム」だと言います。

投げて沈めるだけなので、誰もが使いやすいワームであるのは言うまでもありません!

手となるパーツに、細かなリブが入っていることで沈みながらピリピリブルブルと動いてくれます。

また、後方重心となっているので飛距離も出やすい!

そして、フックをセットする部分には手がなく、フッキングを妨げない仕様になっています。

そんなベビーチン1.5、3月にシンキングが発売されたのち、4月にフローティングの発売が予定されています!

沈む虫なのにフローティング?と思うのですが、これは沈む虫シェイプで手が細かく震えるワームが表層にあることで反応する(それにしか反応しない)バスがいることから、急遽フローティングを追加したそうです!

どちらも発売が楽しみですね!