ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ハスっ子=レベルミノー】巻いて止めたらドン。琵琶湖のシャローを熱くする近松卓二のレベルミノーパターン

寄稿:近松 卓二

10月になり秋も深まる琵琶湖。

水温が23〜25度に安定してくるとハスの幼魚、いわゆる「ハスっ子」がシャローに差してきて、それを追ってきたバスがボイルを始めたり、シャローに生命感が増してきます。

10~20cmほどのサイズ感、細長いシルエットのハスっ子。…となれば、ハスっ子に化けるレベルミノーパターンの本格化です。

近松 卓二 (Takuji Chikamatsu) プロフィール

レイドジャパンプロスタッフ。琵琶湖の人気プロガイドとして活動しながら、多くのトーナメントにも参戦。TBC(利根川)や琵琶湖のBATNET(バスアングラーズトーナメントネットワーク)のトーナメントで入賞多数。

 

年によって変わる?レベルミノーパターンの攻め所

ベイトの濃さがキー

ただ近年では毎年同じような場所にハスっ子が差してくることが少なく、その年のベイトが濃いところを探すのが数を釣る上でのヒントになります。

ベイトが固まる条件としては、南湖・北湖問わずシャローのウィードエリア、特にエビモやカナダモ、イバラモが生えるシャローフラットが有望。基本的には1〜3mぐらいまでの水深に50cm〜1mまでのウィードが絡んでいるエリアを広く探っていきます。

普通のフルサイズミノーだと2mぐらい潜ってしまって、ウィードにスタックしてしまい使いづらいんです。レベルミノーは最大でも1.5mぐらいまでしか潜らず、ウィードに絶妙にスタックするぐらいでストレス無く引くことが可能です。そして、マグネット重心移動を搭載しているので非常に良く飛び、広いエリアを素早くサーチすることができます。

 

レベルミノーの使い方

喰わせ方はめちゃシンプルで、全力で5回リールを巻いたら2.3秒止めるだけ。バスに追われたハスっ子が逃げきれず諦めた動きに見えるのか…、止めた瞬間のゆっくりとした浮上で「ズドン!」とバイトしてきます!

そしてウィードにタッチした時がチャンス。タッチしたら必ず巻きを止めて、ロッドを煽って優しくウィードを外してあげてください。この動きがウィードに逃げ込んだハスっ子の動きになるのか…ここもバイトチャンスとなります!

レベルミノーのパターンは群れを見つけると、大中小全てのサイズが釣れる秋の楽しい釣りなので是非チャレンジを!

 

この投稿をInstagramで見る

 

近松 卓二(@takuji_chikamatsu)がシェアした投稿

 

フォローはファンタスティックで

高気圧&風が無い状態…ピーカンでは、食いが立たない場合があるので、そんな時はフォローを。

「ファンタスティック4.8inch・ 5.8inchのネイルリグ」でウィードパッチのシェードを撃っていきます。

 

フォールがメイン

使い方としてフォールがメインです。目視できるハスが入りそうなウィードパッチの周りに落とす。フォールさせてボトムを取ったら、ジャークさせてまたフォール。

バイトが無かったらすぐ回収して次のウィードパッチに落としてやるのがコツですね。バイトはフォールの際に「ズギューン」と持っていく強烈なバイトが多いので、ラインの動きに注意が必要です。

 

綺麗にフォールさせるには

フォールがメインの釣りなので、フォール姿勢が重要となります。綺麗にフォールさせるには、オフセットフックの後ろに0.9〜1.8gのネイルシンカーを入れる事でバランスが取れ、ユラユラと綺麗にフォールします。

ただ、フックによって重量バランスが変わります。僕が使用しているのはイチカワの「マッスルフック」。4.8inchにはマッスルフック4/0、5.8inchには5/0を使用してあげると、綺麗にフォールしてくれます。

 

ちなみにサイズの使い分けは、20センチクラスの大きめなハスを追いかけている時は5.8inch、15センチクラスまでのハスっ子の場合は4.8inchをセレクトしています。

秋はエキサイティングなシャローの釣りを楽しめるタイミング。是非この2種類の釣り方を導入してみてもらえればと思います!

 

過去の記事もチェック

【キモは水位と濁り】レイドジャパン「G.I」琵琶湖で絶好釣!プロガイド近松卓二の使い方とは

【ノーシンカーの夏】琵琶湖ガイド近松卓二、ノーシンカー2パターンの極意

梅雨空、ローライト、トップ日和。エビモがキーとなる琵琶湖トップゲーム

【シャローか沖か】「丁寧に釣ること」と「ベイト」がキー!近松 卓二のアフター攻め2パターン

【アフターはウィードを狙う】レイドジャパン近松卓二のウィード攻略「強い」2パターンとは

 

レイドジャパン(RAID JAPAN)

2011年設立、岡山県を拠点とするタックルメーカー。 ロッド「グラディエーター」シリーズをはじめ、各種バスルアーを輩出。 代表はカリスマアングラーとして知られる金森隆志氏。 「常に釣り人であれ。」という観念のもと、岸釣りのレベルとステイタスを押し上げるべく、現場主体で日々開発・研究を重ねている。