ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【新テク!シェイクフォールがヤバイ】初公開となる「ドリフトクラブ」のカバー撃ち!加木屋守(マーモ)が釣るための秘訣を徹底解説

連載:マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」

皆さんこんにちは!

各地のショップで再び「ドリフトクラブ」が入荷されました! 皆さんは「ドリフトクラブ」でイイ魚を釣られていますか?

今まで「ドリフトクラブ」のリグ、ノーシンカーワッキーやフリーリグ、カニストなどの使い方について紹介させてもらいましたが、今回はまだ紹介していない釣り方を少し解説させていただきたいと思います!

加木屋守(Kagiya Mamoru) プロフィール

ニックネームは「マーモ」。油ケ淵はもちろん、知多方面の野池を知り尽くし、長良川ではガイドも務める。ジャッカルのロッド「BPM」のイメージリーダーを務め、自身初のプロデュースルアーとなる「ディズラ」も話題沸騰中!活躍の幅を広げている人気アングラー。1992年11月生まれ。

 

「ドリフトクラブ」のカバー撃ちを今回は紹介!

まだ、あまり紹介していなかった釣り方である「ドリフトクラブ」のカバー撃ち! これを皆さんにもやっていただきたくて、今回紹介させていただきます。

Name Length(本体/テール含む全体) QTYt 税込価格
DRIFT CRAB 45 45mm/145mm 5 ¥880

ジャッカル公式「ドリフトクラブ」詳細ページはこちら

 

ドリフトクラブの究極テク! 【シェイクフォール】

というのも、先日琵琶湖に行く機会がありまして、そこで「ドリフトクラブ」のリーダーレスダウンショットリグで58cmが釣れたのですが、「ドリフトクラブ」でカバーを撃つ時に、シェイクフォールさせると、カバー撃ちで圧倒的にバイト数が増えます。

 

シェイクフォールとは? どういう動かし方なのかを説明すると、単純にシェイクさせながらフォールすること。パワーフィネスでスモラバやネコリグを使用する時に多用するアクションで、それを「ドリフトクラブ」でやるとかなりヤバイです。

カバーを撃った時、まずは水面直下から誘い、徐々にシェイクをさせたまま竿を下げて落としていくか、手で持ってるラインを緩めて少しずつフォールさせて行く感じ。

スモラバやネコリグと圧倒的に違うのは「存在感」。濃いカバーや濁ったところではカナリ存在感を醸し出して誘うことができます。

 

そしてリーダーレスダウンショットでやることで、キレイに水平アクションを保ちながらシェイクすることも可能になります。

普通のカバー撃ちのアプローチではにスレている天才バスでも反応させることができる新テクニック「シェイクフォール」。皆さんもカバー撃ちの違った攻め方としてぜひお試しください。

必ずカバーにラインを引っ掛けて水平直下から誘ってみてくださいね。シンカーは5gベースですが、濃いカバーだと7gや10 gも良いと思います。

 

WEB連載 マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」は毎週 日曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらからチェックしてみて下さい!

 

ジャッカル最新情報はこちら

【ビーク-BEAK-】マーモ加木屋 守プロデュース!「吊るし」専用・タングステンスモラバが登場!

【自動膨張式ライフジャケット JK9320RS】ジャッカルのコンパクトな腰巻きタイプ・ライフジャケット!【従来品と比べ1/2のサイズ】

【フリースフーディーウォーマー】顔回り&首元を寒さから守ってくれるガチ系防寒

ジャッカルの2021~2022秋冬NEWヘッドギア2種を紹介

【JACKALLマルチポーチ】釣り・アウトドア・日常・色んな使い方ができる収納アイテム!

カバークロー3Inchが赤パッケージ(通称・赤パケ)で復刻【オカッパリで使いたい】