ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

琵琶湖でファンタスティック!ハスパターンに効くレイドジャパン「ファンタスティック」の使いどころ

寄稿:近松 卓二

ようやく梅雨明けとなり、いよいよ水温が上がり始めた琵琶湖。

とはいえ、まだ梅雨を引きずってか北湖南湖共に水温が26度前後となっており、ローライトであれば一日中表層も狙える状況です!

 

近松 卓二 (Takuji Chikamatsu) プロフィール

レイドジャパンプロスタッフ。琵琶湖の人気プロガイドとして活動しながら、多くのトーナメントにも参戦。TBC(利根川)や琵琶湖のBATNET(バスアングラーズトーナメントネットワーク)のトーナメントで入賞多数。

 

ハスパターンがキモ

木浜など南湖北エリアや北湖東岸菖蒲までのシャローにあるエビモパッチに「アユ」や「ハスっ子」が絡んだ場合は、それらを追って大型のハスがついており、その大型のハスを狙った2.5〜4キロクラスのバスがパッチに追い込むようにしてボイルしています。

そこで多用するのが、8月末発売予定のファンタスティック5.8インチのジャーク。

 

ハスなどの遊泳力が高い表層系ベイトフィッシュを狙っている場合、ファンタスティックの生命感のあるダートアクションが良く効くんです!

ジャークした際にボディ中央部にある縦の2連スリットによってボディ全体が波打つように震え、フォールではシッポピリピリアクションが発動し追尾してきた魚に考えるスキを与えずバイトに持ち込みます!

 

5.8インチを使う理由は、ベイトフィッシュサイズに合わせられるのと同時に1投で広範囲の魚にアピールすることができるから。貴重なフィーディングタイムに効率良く魚を拾うことができます。

使い方的も簡単で、ジャークしながらエビモパッチに突っ込ませて、ほぐすように外したらラインを送ってフォールさせるだけ。バスがボイルした時はチャンス!ボイル周辺にキャストして高速トウィッチすれば、目視できるようなエキサイティングなバイトが得られるはずです。

 

 

5.8インチの使用タックルは、GLADIATOR MAXIMUMシリーズのBISHOPをメインに、ウィードが濃い場所でバシバシ激しくジャークさせたい場合はGLADIATOR AntiシリーズのBALTOROBLASTERも導入します。

 

陽が高くなったらミドルレンジ

陽が高くなって水温が上がり表層での反応が悪くなってきたら、ミドルレンジに落ちたハスに着いた魚を狙うのがオススメ。北湖東岸2〜8mのハードボトム絡みを狙っていきます。

 

ミドルレンジを攻略するのは、ファンタスティック4.8インチと5.8インチの1/2〜5/8ozヘビーキャロライナリグ。キモはエリアに入っているベイトの大きさでファンタスティックのサイズを使い分けてやることです。

アクションはズル引きをベースに、スタックする場所で激しく跳ねさせてからのステイ。スタックから外れた際にボディをクネらせながらダートすると共にテールがビリビリと起動し、1投の中に自動的に「静」と「動」のメリハリのある演出ができるためニュートラル状態の魚に捕食スイッチを入れて食わせることができます。

逆に風が出てきて高活性な時はスイムジグを巻くようにリーリングしながらボトムコンタクトさせて釣っていくと効率よく魚を手にできるでしょう。バイトは「ゴンゴン」と激しく持っていくので必ずしっかりとラインスラックを巻き取りながら合わせてください!

 

風が吹いたり流れが出てきたタイミングを捕らえると…思わぬ大物が出現することもあるドキドキのアーリーサマー。

ハス喰いの大型バスを手にするために、ぜひファンタスティックをお忘れなく!!

 

関連動画はこちら

出典:YouTubeチャンネル「RAID JAPAN Official Channel」

 

過去の記事もチェック

ボイルがあれば”ファンタスティック”な展開!琵琶湖ガイド「近松卓二」のイマの南湖と北湖攻略法

【弱&強がキーワード】琵琶湖ガイド近松卓二のイチオシ!これからの琵琶湖を釣る4パターン+α。

【ファットウィップ・フルスイング・エグチャンク】琵琶湖ガイド近松卓二が先読みする2パターン。

 

レイドジャパン(RAID JAPAN)

2011年設立、岡山県を拠点とするタックルメーカー。 ロッド「グラディエーター」シリーズをはじめ、各種バスルアーを輩出。 代表はカリスマアングラーとして知られる金森隆志氏。 「常に釣り人であれ。」という観念のもと、岸釣りのレベルとステイタスを押し上げるべく、現場主体で日々開発・研究を重ねている。