ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

サーフ・河口・磯様々なエリアで活躍!エクリプスのハイコスパシンキングミノー「ハウルーラ・ギベ70S」

今回紹介するのはエクリプスの「ハウルーラ・ギベ70S」。

全長70mmの小型のシンキングミノーです。

シーバス用ルアーを多く展開しているエクリプス。

この「ハウルーラ・ギベ70S」はシーバスはもちろんフラットやチヌ、青物に至るまで様々なターゲットが狙え、それでいてウエイトも11gと十分に備わっているため汎用性が非常に高いのがポイント!

ちなみにお値段も¥1,210 (税込)と非常に手ごろなのも嬉しいポイント!

ここでは汎用性抜群のハウルーラ・ギベ70Sの性能について紹介していきます!

シーズン・エリア問わず使える万能ルアー

この「ハウルーラ・ギベ70S」は筆者も絶賛愛用中の第一線で活躍するルアー。

というのも、シーバスはじめ、様々なフィッシュイーターのベイトとなるカタクチイワシのサイズにベストマッチのシルエット。

実際にサーフなどに打ち上げられているカタクチイワシと比較してもその大きさ・姿かたちなどは瓜二つ。

また食わせ力も非常に高く、活性が上がりきらないタイミングやジグなどのバーチカル(タテに誘う)・リアクションに反応がないときの切り札にもなってくれます。

筆者も実際使用していて、小柄ながらもしっかりと泳ぎ切る力は強いと感じました。

特に、サーフの波打ち際など波の影響を受けるエリアでも姿勢を崩さずアピールができるので、手前側のブレイクでのバイトが多いのもこの「ハウルーラ・ギベ70S」ならではといえるかと思います。

トゥイッチなど誘いのアクションも得意!

この「ハウルーラ・ギベ70S」の誘いはタダ巻きはもちろん、トゥイッチやジャークにも対応しています。

サーフでは基本タダ巻きでOKなのですが、シーバスやチヌといった瞬時に捕食スイッチが入るターゲットを狙う場合には細かいアクションで誘うのも大きなカギとなってきます。

これからの時期ではメッキやカマス、サバなども狙えるため、より多くのシチュエーションで活躍できるでしょう。

また、タックルを選ばずに使うことができるのもこの「ハウルーラ・ギベ70」の大きな魅力。

実際、筆者もサーフ・磯・河口それぞれでロッドを使い分けてはいますが、ハウルーラ・ギベ70はウエイト・サイズともにシーバスからサーフ、ショアジギングとどの竿にもマッチするため非常に使い勝手の良いルアーとなります。

ほかにも価格帯が12010円と非常に安価で、比較的高価なルアーが多いエクリプスの中でも特に手ごろで手に取りやすいのも嬉しいポイントです。

ハウルーラ・ギベ70Sのスペック

筆者一押しのカラーは「紅蓮イワシ」。

マズメ時や雨などの濁りが入ったときに使用することが多く、デイの時間帯ではイワシ系のカラーとローテーションして使用しています。

ナチュラル系とチャート系、そして紅蓮イワシ、この3つがあれば基本怖いものなしですよ!

レングス:70mm
ウエイト:11g
フック:#8
リング:#2

本体希望価格:¥1,210 (税込)

エクリプス公式ハウルーラ・ギベ70S詳細ページはこちら

リングス(RINGS) プロフィール

釣用品総合商社ツネミのオリジナルブランドRINGS(リングス)。トータルブランドリングスにはさらに3つのカテゴライズがある。実践型バスブランドとなるENGINE(エンジン)、ショアからオフショアソルトまでのソルトルアーゲームアイテムがそろうECLIPSE(エクリプス)、そしてエリアとネィティブの現場からのフィードバックしたアイテムがそろうトラウトブランドDAYSPROUT(ディスプラウト)。