ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【秋の本格シーズンに!】いよいよ2.5号・3号・3.5号の3サイズが出揃った「エギ王 LIVE ネオンブライト」

2.5号の登場を皮切りに怒涛の人気、ヤマシタのネオンブライトシリーズ。

先日2.5号、3号にやや遅れて3.5号が登場、3サイズすべてが出揃った訳です。

今回は改めてスペックなどを中心に、結局「エギ王 LIVE ネオンブライト」ってどんなエギなの?

…その辺りを振り返ってみたいと思います。

 

エギ王 LIVE ネオンブライト

ヤマシタ公式「エギ王 LIVE ネオンブライト」詳細ページはこちら

 

そもそもネオンブライトとは

ボディがレッド・グリーン・ブルーの波長を持った紫外線発光をするシリーズ。従来の青色に光るケイムラが赤、緑、青色に光る…そんなイメージ。

澄潮やマヅメ時など様々なシチュエーションで妖しく発光し、アオリイカにその存在をアピールするという訳です。

 

スペック

2.5号~3.5号までが現在はラインナップ。

ベースとなるエギは「エギ王 LIVE」。よって重量や沈下スピードは以下の通り。

サイズ 重量 沈下スピード
2.5号/60mm 10g 約5.5秒/m
3号/90mm 15g 約3.5秒/m
3.5号/105mm 21g 約3秒/m

これまでに慣れ親しんだエギをあえてベースにしているので最初から使いやすい、というのも人気の秘訣とか。色による違いもわかりやすいはず。

ここまでの技術なので、もしかするとシャローやディープ、エギ王Kなどに採用されそうな気も…。今後に期待。

 

カラーについて

カラーはボディの発光色ごとにそれぞれ2色ずつ、全サイズ計6色がラインナップ。

レッド

太陽が赤くなるタイミング、朝マヅメや夕マヅメに効果的な「レッド」。

 

グリーン

「グリーン」は濁りが入っている状況や、湾奥で緑色に澄んでいる状況、ボトムの色が緑に近い、そんなときに効果的。

 

ブルー

澄み潮や、曇りで紫外線量が弱いタイミングで効果的なのが、少しの紫外線で強く発光する「ネオブラブルー」。

 

ロリーポップとスパークオリーブをみるとボディカラーは同じでも、乗せるカラーによって見え方が全然違います。3色に光るボディにカラー、テープを合わせ、様々な状況にアジャストできると。

カラー、ボディカラー、テープ色の組み合わせはこんな感じ。

カラー名 布の種類 ボディカラー(下地)
モンスターレッド ラメ布 ネオンブライトレッド/赤テープ
バトルグリーン ラメ布 ネオンブライトレッド/赤テープ
ロリーポップ ラメ布 ネオンブライトグリーン/金テープ
スパークオリーブ ラメ布 ネオンブライトグリーン/金テープ
ブルブルマンボー ラメ布 ネオンブライトブルー/金テープ
パワフルブルー ラメ布 ネオンブライトブルー/銀ホロ

 

まだまだ、登場したばかりのネオンブライトシリーズ。

使い込んでいく内に、この状況にめちゃ良い!こんな使い方もできる!など、いろんな発見を探すのもまた一興。

季節は夏から秋に移り変わろうとしているタイミング。秋エギングにティップラン、まだまだ釣れてるイカメタルに…しばらくは目が離せなさそうです。

 

関連情報

なぜヤマシタのNEWエギシリーズ「ネオンブライト」は釣れるのか。何が違うのか。【Vol.2/実釣シーンでのメリット】

なぜヤマシタのNEWエギシリーズ「ネオンブライト」は釣れるのか。何が違うのか。【Vol.1/開発編】

【今までのケイムラじゃない!】紫外線量が少なくてもしっかりアピール?ネオンブライトブルーの魅力

ヤマシタ

「ヤマシタ(YAMASHITA)」は、神奈川県横浜市の老舗釣具漁具メーカー「ヤマリア」のエギング、イカ釣り、タイラバ、タコ釣りなど、海釣り用品に特化したブランド。特にエギングへの造形は深く、エギのスタンダートである「エギ王」シリーズや、「ケイムラ」カラー、「490グロー」カラーなどを送り出し、最新のテクノロジーでエギングの世界を変え続けている。