ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【全国各地で爆釣れ】足元の縦ストを攻めるのにピッタシ!加木屋守(マーモ)が解説「ドリフトクラブのジグヘッドワッキー攻め」

連載:マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」

皆さんこんにちは! 相変わらず、皆さんからの釣果がたえない「ドリフトクラブ」。

想像している以上の釣果に僕もビックリしています(笑)。先日は大江川と五三川で「ドリフトクラブ」を試していましたが小河川でも大活躍!

加木屋守(Kagiya Mamoru) プロフィール

ニックネームは「マーモ」。油ケ淵はもちろん、知多方面の野池を知り尽くし、長良川ではガイドも務める。ジャッカルのロッド「BPM」のイメージリーダーを務め、自身初のプロデュースルアーとなる「ディズラ」も話題沸騰中!活躍の幅を広げている人気アングラー。1992年11月生まれ。

 

ジグヘッドワッキーが大江川と五三川で大活躍!今回はカバー周りをフォールでアプローチ

今回、「ドリフトクラブ」が活躍したリグはジグヘッドワッキー。

旧吉野川と同じですが、今回は使い方が少し違っていてフォールを中心にカバーをジグヘッドワッキーで撃って行く釣り方。

ドリフトクラブ

Name Length(本体/テール含む全体) QTYt 税込価格
DRIFT CRAB 45 45mm/145mm 5 ¥880

ジャッカル公式「ドリフトクラブ」詳細ページはこちら

 

 

この釣り方が激ハマリ! 大江川では足下の縦ストラクチャーを撃っていく釣りで、このジグヘッドワッキーを実践。大江川は足元周辺が深いことが多く、ノーシンカーだと時間がかかってしまい、バックスライドやテキサスリグでは攻めれないような場所が沢山あるんですよね。

そんな時にジグヘッドワッキーをフォールさせることで、バスもためらいなしに食ってきてくれます! 今回の釣行でもこのカバー撃ちがハマりました。

 

ウエイトは0.9gがキモ

ウエイトは0.9gでフワッとしたアクションを保ちながら、効率良く攻めれるシンカーセレクトしました。旧吉野川のシェイクでフワッとさせる使い方や、フォールでカバー撃ちができたりジグヘッドワッキー1つでも様々な使い分けができるのも、「ドリフトクラブ」の良いトコロです!

 

本当に色んなリグや釣り方ができるワームですので、皆さんのお好みの釣り方で「ドリフトクラブ」をお試しください。

今回のジグヘッドワッキーを使用したカバー撃ちも、YouTube「マーモチャンネル」にてアップさせていただきますので、もうしばらくお待ちください。

 

WEB連載 マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」は毎週 日曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらからチェックしてみて下さい!

 

ジャッカル最新情報はこちら

ブンちゃん&水野君が釣り公園でファミリーフィッシング!誰でも手軽に楽しめるGOODなサビキ釣りはいかが?

【DBユーマ フリー】秦拓馬プロデュース!フリーリグ完全対応ワームに秦拓馬 監修の2021年の新色2色が登場

【ハニーナゲット】加藤誠司プロデュース!フリーリグワームとして人気のハニナゲの2021年新色はブルーギル系

【ブラストボーンJr SF】進化系ビッグベイトに待望のジュニアサイズが登場

【ドリフトクラブ45】マーモ加木屋 守プロデュース! 甲殻類系・新型ワームが2021年5月中旬ついに登場

【ドライライトフーディ】暑い時期の釣りを快適にしてくれる新作フィーディがジャッカルから登場