ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

春近し!JBTOP50「武田 栄喜」コイケシュリンプビッグ×スタッガーオリジナルでピンと巻きの展開へ

寄稿:武田 栄喜

みなさん、どうも武田です!

 

2020年に引き続き…コイケシュリンプbigが釣れに釣れている2021年の初春。

 

アピール力がさらに増した、噂のコイケシュリンプMagnumの登場も近し…ということで!今回はカラーのお話+α。季節が進むにつれて反応の良いカラーがではじめていますので、ご紹介させていただきます!

武田 栄喜 (Haruki Takeda) プロフィール

琵琶湖でハードルアーを中心としたストロングスタイルでの釣りを追求するプロガイド。またトーナメンターとしてはオールラウンドなスタイルでトップ50シリーズで高い実績を残している。高知県出身

 

季節の進行とカラーチョイス

シーズン限定色カラー/#250 ライトグリパン

 

まだまだ水温が10℃を下回るタイミングでは、ボトムの色に同化し岩や枯れたウィードエリアにマッチした「#ライトグリパン」への反応が圧倒的でした!

そんな中、水温が上昇するに連れて反応が良くなってきたのが…

 

#156 スカッパノン

「#スカッパノン」は、水温が10℃を上回り安定してくるようになってからはバスの反応が圧倒的。

大潮がらみでバスが群れで動きだしたタイミングは#ライトグリパンと比べ、濃く視認性が良いというメリットも重なり、濁りに対して指してきた個体には抜群の反応が得られました!

ただ、この時期バスがスポーニングを意識して上がってくるスポットは、環境が安定しやすいワンドエリア。南湖西岸の各ワンドやKKR・井筒・ヤマハ・カネカ・雄琴・浮御堂エリアに絡むミオ筋などですね。そういう場所は、風がブロックされ、水温が少しでも上昇しやすいポイントだけに濁った水が早い段階でクリアアップしてしまいます!

そういった場所で、水がクリアアップしてしまった時は…

 

#249 ザリダッピ

ライトグリパン×スカッパノンで構成されたツートンカラーの「#ザリダッピ」! 強すぎず弱すぎの丁度良いバランスで、まさにこの時期にドンピシャ!迷ったら「#ザリダッピ」って感じのカラーになってきております!

ちなみに、これから季節が進むにつれてオススメなのが…

 

#248 グラスシュリンプ

#グラスシュリンプは、水温が上がりウィードの光合成が活発になるタイミング、つまりグングンウィードが生え始めるときに…最もナチュラルで同化しやすいカラーとなります!

「バスを騙しやすい!」「身を隠しやすい!」そんなウィードに潜むエビをイミテートしたカラー#グラスシュリンプの反応が良くなってくるでしょう!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Haruki Takeda(@haruki19850502)がシェアした投稿

 

釣り方はこちらを参照に…

【水温-3℃の琵琶湖】JBTOP50「武田 栄喜」イマ効いてる3つのパターンとコイケシュリンプBIG/新色情報も必見!

JBTOP50武田 栄喜イチ推し!今、かなりキテるテク「コイケシュリンプビッグ」のネイルリグ!

1 / 3
次へ