ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

2018年JBトップ50第3戦in七色ダムは3日間で15kgオーバーをウエイインした新鋭・藤田京弥が優勝!年間暫定トップは早野剛史!

出典&アイキャッチ出典:JB/NBCニュース

日本のバストーナメントの最高峰シリーズ「JBトップ50シリーズ」の2018年第3戦in七色ダム「東レ空ロームCUP」の決勝が7月8日に行われた。

 

予選2日間ともトップウエイトは7キロオーバーというデカバスの聖地・七色ダムならではのハイウエイトな戦い。またリミット達成率も予選初日が79.2%、予選2日目は77.1%と高い水準。ただ目まぐるしく変わる状況に、安定してハイウエイトを続けるのは至難のわざとなっていた。

 

そんな中で行われた決勝の結果ですが…178g差をひっくりかえし藤田京弥が逆転優勝

予選2日間終了時点で重量トップとの重量178g差でつけていた藤田京弥が、決勝では単日7位となる5尾4310gをウエイインし、予選重量トップの有里拓をかわして逆転優勝を果たした。

出典&アイキャッチ出典:JB/NBCオフィシャルサイトツイッター

 

ちなみに藤田京弥の3日の重量と順位は…

予選初日4,640g7位

予選2日目6,265g2位

決勝4,310g7位

3日トータル15,215g1位

 

続く2位にはベテラン大塚茂、3位には早野剛史が入った。なお予選重量トップの有里拓は3日目単日27位となる2尾1092gと失速し、最終5位となった。

 

JBトップ50 2018 第3戦in七色ダム  総合成績上位6傑

ゼッケン 氏名 重計 Day1重 Day2重 Day3重 獲得p
1 T5032 フジタキョウヤ藤田京弥 15,215g 4,640g 6,265g 4,310g 50p
2 T5021 オオツカシゲル大塚茂 14,485g 4,425g 4,800g 5,260g 49p
3 T5028 ハヤノタケシ早野剛史 14,468g 2,938g 5,510g 6,020g 48p
4 T505 コバヤシアキヒト小林明人 12,269g 4,108g 4,945g 3,216g 47p
5 T5035 アリサトタク有里拓 12,175g 7,725g 3,358g 1,092g 46p
6 T5017 ノムラシュンスケ野村俊介 11,696g 4,900g 2,658g 4,138g 45p

なおすべての選手の最終堰堰表はこちら
http://www.jbnbc.jp/_JB2018/view_result.php?t_id=10030&page=result

出典:JB/NBCニュース

 

決勝 単日の成績上位6傑

ゼッケン 氏名 重量
1位 T5028 ハヤノタケシ早野剛史 6,020g 5匹
2位 T5012 サッサカズマ佐々一真 5,525g 5匹
3位 T5021 オオツカシゲル大塚茂 5,260g 5匹
4位 T501 アオキダイスケ青木大介 4,605g 5匹
5位 T5040 カトウセイジ加藤誠司 4,365g 4匹
6位 T5014 イマエカツタカ今江克隆 4,310g 5匹

決勝単日の全成績はこちら
http://www.jbnbc.jp/_JB2018/view_result.php?t_id=10030&page=day3

出典:JB/NBCニュース

 

 

2018年トップ50簡易年間ポイントランキング

1位 早野剛史 133p 31,869g 0p
2位 江口俊介 130p 29,655g 3p
3位 藤田京弥 127p 30,143g 6p
4位 黒田健史 127p 27,762g 6p
5位 小林明人 115p 25,589g 18p
6位 篠塚亮 112p 26,830g 21p

全成績はこちら
http://www.jbnbc.jp/_JB2018/point_rank.php?t_id=10030&df=%C2%E83%C0%EF

出典:JB/NBCニュース

 

今年のトップ50の今後のスケジュールは以下の通りです。今後の戦いが楽しみですね

日時 大会名 開催場所
2018年9月7~9日 第4戦エバーグリーンCUP 桧原湖
2018年70月12~14日 第5戦 がまかつCUP 霞ケ浦