ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【デスアダー×ベコンクロー】春のオカッパリ野池で絶好”釣”の2パターンをご紹介

寄稿:西山 英司
春のバス釣り特集

お久しぶりです、西山英司(にしやま えいじ)です。

昨年春に引き続き、今年もオカッパリ野池の春バス記事を書かせていただきます。
どうぞ、宜しくお願いします!

私のホームである中国地方での釣りになりますが、皆さんが通われているフィールドでも共通点はあるはず。 参考にしていただけると幸いです!

西山英司(Nishiyama Eiji) プロフィール

にしやんこと西山英司。デプス・フィールドテスター。 ベコンクロー【デプス】の製作者で、シャローからディープまで長年の経験値からサーチして当てるスタイルを得意とする。 主に中国地方の野池、リザーバーで活動中。1972年3月11日生まれ。

 

西山的2020年春の野池・リザーバーの傾向

春といえば! サイズも数も狙える時期!

3月終盤にもなると、水温は徐々に上がりつつあります。 いよいよスポーニングを意識したバスがシャローに差しつつ“腹ごしらえ”する時期。

そして、アベレージサイズも果敢にルアーを追い始める…のが、例年の春。

 

今年もそろそろシャローが賑やかになってもいい時期なのですが、実際釣りに行くとシャローには小ギルが数匹のみ。

…あれ?

そうなんです。 実は昨年晩秋〜冬、そして現在にかけて釣れてるエリアは類似。

冬から春にかけて魚があまり変わっておらず、釣果も同じく出続けているんです。

メリハリに欠ける状況からの春を迎える。

あくまで推測なんですが、おそらく今年は暖冬で”冬らしい冬がなかった”ことも影響してるんじゃないでしょうか。

そんなバス達は今どこに居るのか? はい、ズバリ中層です!

 

中国地方の野池やリザーバーでは、今年の春「中層戦」が激アツなんです!

1 / 3
次へ