ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【持ち運べる常夜灯】ポイントは自分で作る!ハピソンとサーティフォーが共同開発した「高輝度 LED 投光型集魚灯」とは

「リチウムイオンバッテリー7.0」と「電動ラインワインダー」などメチャメチャ便利なアイテムを続々とリリースしているご存知「ハピソン(Hapyson)」!

今回は…アジングで人気のブランド「サーティフォー」と共同開発した”持ち運べる常夜灯”が出るんだとか。

サーティフォーと共同開発? 持ち運べる常夜灯?

気になりますよね! というわけで、詳しく見ていきましょう!

 

「高輝度 LED 投光型集魚灯」【ハピソン】

持ち運んで横に置いておくだけで、魚を寄せることができるという便利な集魚灯なんです!

価格:オープン

電池:単1乾電池4本

使用光源:青緑LEDと白色LED各1個

重さ:約1250g(電池含む)

 

上から照らして狙い撃ち

水中に沈めるタイプの「乾電池式高輝度LED水中集魚灯」も「ハピソン(Hapyson)」から去年リリースされていますが、今回初登場となる「高輝度 LED 投光型集魚灯」は、水中に沈めずに上から照らすだけでアジを寄せることが可能。

 

明暗部を作れる

好ポイントとされる常夜灯周りの明暗部。しかし、そのような好ポイントは高確率で先行者が。

そんな場合に、「高輝度 LED 投光型集魚灯」があると、図のように簡単に常夜灯と同じような明暗部を作れてしまうんです。

 

常夜灯が全く点在していないエリアでも、この集魚灯を試すとアジが沢山群がってくるなんてこともあるそうです! 想像するとワクワクしますよね。また持ち運びも簡単で場所移動もラクラク。

テストでは、灯りを照らしてから40分でアジが寄ってくるという結果も実証されているそうですよ。

 

ライトの色にもコダワリが

アジを寄せるのは灯りの効果が非常に重要らしく、LEDの色を何パターンもテストを繰り返して色々試した結果、この青緑の色が1番アジが寄ってくると判明したそうです。

またライトの角度の調整も自由に行え、1点だけを明るくしているので他の釣り人の邪魔にもならないので安心ですよね。

また、1日使用できるということで電池も長持ち。

 

動画もぜひチェック

開発に携わった、サーティフォーの家邊克己さんによる解説動画もぜひチェックしてみて下さいね!

 

新規ポイントの開拓とかするのも面白そう。以上、「高輝度 LED 投光型集魚灯」のご紹介でした。

地域によっては、釣具として照明の使用が制限されている場合があります。
各都道府県ごとに定められているルールやマナーを守ってご使用ください。
詳しくは、水産庁ホームページ『都道府県漁業調整規則で定められている遊漁で
使用できる漁具・漁法(海面のみ)』をご参照ください。
http://www.jfa.maff.go.jp/j/yugyo/y_kisei/kisoku/todo_huken/

出典:ハピソン公式

 

 

ハピソン最新記事はこちら

【これぞストレスフリー】ラインの交換が超スムーズ!ハピソン「電動ラインワインダー」に熱視線!

【超軽量型リチウムイオンバッテリー7.0】超コンパクトで腰に巻ける!ハピソンのNEWアイテム「リチウムイオンバッテリー7.0」のご紹介!

【便利グッズの嵐】「ハピソン(Hapyson)」のユニーク過ぎる用品を一挙紹介【新作まとめ】

ハピソン(Hapyson) プロフィール

充電式チェストライト・インティレイやヘッドライト、蓄光器、水中水魚灯、竿先ライト、バッテリーなどのライト関連、 ライン結び器、針結び器、エアーポンプなどの様々な便利釣具を世に送り出している。