ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ドラグの耐久性10倍以上】2020年フルリニューアルのされるダイワの20ソルティガを解説!

ドーンと新製品が登場して、かなり注目を集めている2020年のダイワ。

なかでも、出るの?出ないの?と話題になっていて、記者自身かなり注目していたのが…そうダイワのジギングリールのフラッグシップシリーズ「ソルティガ」

今回、5年の歳月を経てフルリニューアルされるようです!

 

20ソルティガ【ダイワ】

2020年2月登場予定

ダイワのジギング系リールの最上位機種で、多くのジガーや大型魚を狙うアングラーに愛されてきたソルティガ。

その気になる全貌がこちら!

 

ダイワ公式「20ソルティガ」詳細ページはこちら

お、青くない!モノトーンでシンプルに。これはこれでどんなロッドにも合いそうだし、理屈抜きにかっこいい!

 

では、どこがどう変わったのか。記者が注目したのは以下の4点!

強靭なモノコックボディ採用によりギア強度が従来比2倍以上に

今回のリニューアルの一番の特長といっても言いのが、ボディがモノコック化されたこと。

これ、実はすごいこと。

どういうことかというと、ボディとボディカバーという2つのパーツで構成されていた従来構造とは異なり、モノコックボディは一体成型。そのため、ねじれやたわみにも強くなっています。

また、ボディに対して、それ自体がネジの役目を持つエンジンプレートを直接ねじ込む構造となり、ボディカバーを留めるためのネジ穴が不必要に。従来構造よりもボディ内部のスペースが広く、より強力で大きなギアが収納可能になって、大型化かつ肉厚化できたんです。

 

 

防水性能もアップ

ソルトでスムーズな回転を維持するのには必要不可欠だとして、初代01ソルティガから採用されている防水性能なんですが、こちらもモノコックボディの採用によって、より高度に!

ボディとボディカバーという概念がなくなって水が浸入する隙間が減ったことと、ラインローラーやドライブギアの両端などにマグシールドボールベアリングを採用することで、限りなく完全に近い防水性能を実現しています。

1 / 4
次へ