ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ドラグの耐久性10倍以上】2020年フルリニューアルのされるダイワの20ソルティガを解説!

アルミエアローターの採用で剛性も2倍以上

ここも、15ソルティガと比べて大きく変更された点。

 

15ソルティガに採用されていたZAIONローターに比べ、たわみに強いアルミエアローターを採用。

たわみ剛性は2倍以上、また初代ソルティガに搭載されていたアルミローターと比べてもその破壊強度は1.5倍以上に。

設計が見直されて回転性能が劣ることもないようで、実際巻いてみても巻き重りなどはなく、めちゃめちゃスムーズな巻き心地! 実釣で使ってみたい…。

 

10倍以上に向上したドラグの耐久性

ドラグシステムも今回で一新。

15ソルティガでは6枚だったワッシャーを14枚に大幅増。また、樹脂パーツを介さない新設計のドラグノブになってワッシャーで発生した熱を放出しやすくなりました。

その結果、ワッシャーの焼き付きが大幅減少、10倍以上の耐久性となったんです。

キハダマグロや大型青物、カジキやGTなど特に大型魚を狙うなら嬉しいリニューアル箇所ですよね。

また、ドラグ音も大きくなっていました!

かかった瞬間に「ギー!!!」と絞り出されると…シビレますね。

2 / 4
前へ 次へ