ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

日本のバストーナメントの最高峰シリーズ「JBトップ50」 過去22年間の歴代年間チャンプ一覧

日本のバストーナメントの最高峰シリーズJBトップ50の2019年シリーズも10月11日(台風によりワンデイでの大会)の最終・桧原湖戦が終了し、全日程が終了。年間チャンプは、今波に乗っている藤田京弥さんが逆転で獲得しました。

2019 JBトップ50の年間順位確定!チャンプは藤田京弥が獲得!最終第5戦桧原湖・優勝は藤木淳

 

今回は毎年、バスアングラーに、トップレべrのアツい戦いを見せてくれているJBトップ50の歴代チャンプをご紹介したいと思います!

 

 

その前に少しだけJBトップ50の歴史を…。

 

初年度の1997年はJBワールド(プロ)シリーズという名前(JBトップ30とも呼ばれていました?)でスタートしました。

ワールドという名が入っているのは当初は、トーナメント会場に、海外(韓国)も入っていたことも理由の1つになっています。

そして、途中から現在のJBトップ50へと変わりましたが、基本的JBのトップカテゴリーシリーズトーナメントという同じくくりに入れれば22年の歴史があります。

12489286_992089677513790_1700678524469341547_o

ちなみに、上の写真は初年度の1997年の初代ワールドシリーズ開幕戦における初代ワールドメンバーの集合写真です。

記者自身、かけだしの頃で、そうそうたるメンバーの集合写真を撮影することで、緊張していたのを今でも覚えています!

全員の名前を答えられる人は、かなりのトーナメント好きのベテランアングラーです!

 

この試合は兵庫県の生野銀山湖でエレキ限定戦、参加約30名という、かなりマニアックな感じの初代ワールドシリーズ開幕戦でした。
ちなみに優勝はハンクルの泉さん! 確かミノーのドラッギングというテクでの勝利でした。

初代メンバーの写真には、そんな泉さんほか、現在も現役バリバリの人もたくさんいますね!!

さて、そんな歴史あるトップ50シリーズですが、過去の歴代チャンプは誰だったのか?気になりますよね。

 

過去の歴代チャンプ一覧は以下の通り。

年度 大会名称 氏名
2019 JBトップ50 年間チャンピオン 藤田京弥
2018 JBトップ50 年間チャンピオン 早野剛史
2017 JBトップ50 年間チャンピオン 青木大介
2016 JBトップ50 年間チャンピオン 北大祐
2015 JBトップ50 年間チャンピオン 青木大介
2014 JBトップ50 年間チャンピオン 小林知寛
2013 JBトップ50 年間チャンピオン 北大祐
2012 JBトップ50 年間チャンピオン 小森嗣彦
2011 JBトップ50 年間チャンピオン 福島健
2010 JBトップ50 年間チャンピオン 小森嗣彦
2009 JBトップ50 年間チャンピオン 小森嗣彦
2008 JBトップ50 年間チャンピオン 青木大介
2007 JBトップ50 年間チャンピオン 神谷勇紀
2006 JBトップ50 年間チャンピオン 赤嶺吉蔵
2005 JBトップ50 年間チャンピオン 藤木淳
2004 JBワールド 年間チャンピオン 今江克隆
2003 JBワールド 年間チャンピオン 深江真一
2002 JBワールド 年間チャンピオン 井手隆之
2001 JBワールド 年間チャンピオン 今江克隆
2000 JBワールド 年間チャンピオン 柳栄次
1999 JBワールド 年間チャンピオン 柳栄次
1998 JBワールド 年間チャンピオン 小野俊郎
1997 JBワールド 年間チャンピオン 菊元俊文

出典:JB・NBCニュース

過去最多年間チャンプ獲得は3回の青木プロと小森プロ。

最近は若手の活躍も目立つ感じもしますが、ベテラン勢もまだまだ健在。今後のチャンプ争いが楽しみですね!