ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

シャローカバーのデカバスは予測不能アクションが効く!ゲーリーヤマモト”モコリークロー”を紹介

小森 嗣彦プロがトーナメントに勝つために開発したワームなのがGary YAMAMOTO モコリークロー

モコリークローの特徴は、3インチというタフなメジャーフィールドにマッチするサイズと、3対の異なるタイプの脚が生み出す予測不能のアクション。

ベイトフィネスの普及によりシャローカバーがタフになる中で、特徴的なアクションはシャローカバーに潜むナーバスなデカバスにも口を使わせることができます。

3インチというサイズながら自重はしっかりあるので、ベイトフィネスでもキャストは楽々。
今回はこれからの時期にピッタリなモコリークローのご紹介です!

 

Gary YAMAMOTO  Mokory Craw(モコリークロー)【ゲーリーインターナショナル】

モコリークローのアクション時の特徴は、フォール時には足を左右に開閉し、リフト時には激しくキック。
そして、中層で揺らすと左右それぞれの足が自由に動き回る動きをみせます。

カバー奥のピンスポットでも、予測不能な回転系の水流を発生させてアピールで、バスもたまらず口を使います!

ゲーリー公式モコリークロー詳細ページはこちら

Mokory Craw(モコリークロー)
1パック / 8本入り 12colors
自重:約7g
推奨フック スゴイフック #1、1/0

 

続いて12の全カラーパターンと気になるアクションをご紹介!
1 / 2
次へ