ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

【フィッシングショーOSAKA2024】新作ロッドとタングステンジグ初お披露目!オリジナルステッカーも貰える「ON THE BLUE」出展情報

  • X
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
新製品総力特集2024

年間釣行300回超え、妥協無き船上開発。

鹿児島県の錦江湾をホームとする遊漁船「日登美丸」のルアーブランド「ON THE BLUE」。独自の路線と実釣性能を貫いた、拘りルアーを展開中。

ON THE BLUE

2019年に設立。年間釣行300回超えの遊漁船による船上開発ブランド。タイラバ/SLJ/ライトジギングをメインに「どうしたらもっと釣りが面白くなるだろう?」を常に考え続け、「これは釣れる!」と「これで釣りたい!」の両立、「コレはありそうで無かった」を開発の流儀としている。

さて! 開催日迫る「フィッシングショーOSAKA2024」。ON THE BLUEもブースを構えるということで、今回は出展情報をこの場で紹介させていただきます!

【フィッシングショーOSAKA2024】ON THE BLUEブース出展

今年も「フィッシングショーOSAKA2024」にON THE BLUEがブース出展。

新製品の展示をはじめ、ルアーニュースRでお馴染みの定番アイテムの数々も展示! ON THE BLUE代表の“錦野 憲彦”さんもブースに居られるそう。アイテムの使い方や日頃気になっている点、また錦江湾のことや船長だからこそ答えられるメソッドなど!

色々お話を伺えるチャンス! ぜひこの機会に…。

フィッシングショーOSAKA2024公式HPはこちら

錦野 憲彦(Norihiko Nishikino) プロフィール

SLJ/タイラバをオールシーズン案内する遊漁船「鹿児島県錦江湾/日登美丸」の船長。日々のガイドで“もっと釣れる、もっと楽しい!ありそうで無かった物”を日々考え続け開発。船上開発メーカー"ON THE BLUE"を通し、アングラーと一緒に更なる楽しみを追求することをライフワークにしている。
昨年2023年の様子はこんな感じ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

ON THE BLUE(@jigggy_ontheblue)がシェアした投稿

展示アイテム一覧

まず、注目していただきたいのが展示アイテム。

今回の目玉アイテムは「ON THE BLUE」初となる新作ロッド「TIME LESS」という“ザ・ルアーロッド”がコンセプトの何でもできる超万能ロッドと、タングステンのメリットを最大限に活かした新作メタルジグ「TGポテンシャル」の2アイテム! 両アイテム共に「フィッシングショーOSAKA」が初お披露目とのこと! ブースにお越しの方は初お披露目の新製品が見れるという! 他にもON THE BLUEと言えば…の定番アイテムが一通りズラリ。ぜひブースへお越しください!

【NEW】TIME LESS

【TIME LESS】色んな釣りを1本で満喫してほしい“釣り船”の想いを形にした「一生の相棒」

【NEW】TGポテンシャル

【鉛より約1.7倍重く40%小さく】重さと小型化を追求した“究極のタングステンジグ”現る

グローエンペラージャーク

【烏賊は別腹】ブリ捕獲率高め“釣れるとデカイ”で話題の「イカ型セミロングジグ」は試されましたか?

真鯛ロジック

「乗っ込みシーズン」までに“春の浮いた大型を一網打尽”にするタイラバを是非ストック

ヒレジグ

【ブレードジギング】サワラ&青物狙いには、ボディが回転せず“直進安定性に優れるブレードジグ”を

グローエンペラー

「数釣りと大型攻略も」SLJ(スーパーライトジギング)でサイズも狙えるオススメジグを紹介

タイラバPLUS

「本命を狙いながらお土産確保」そんな美味しい話…あるんです!【※釣れスギ注意】

Jigggy

「テレビ番組/釣りびと万歳」放送後より話題に。ご存知ですか?ボディが“ジョイント構造”のジグ

こんなキャンペーンも

注目ポイントは展示アイテムだけではありませんよ!

何と…ブース内でON THE BLUEの公式Instagram「jigggy_ontheblue」をフォロー(フォロー済みの方は登録画面をブース内でお見せください)すると、以下のオリジナルステッカーがその場で貰えるという! タックルBOXやルアーケース、クーラーBOX、車やバイクに自転車など…色んな所に貼って映えそう…ステッカーチューンの楽しめる絶妙なサイズ感になっていますよ! ぜひGETしてみてください。

ブース位置情報

では、最後に「ON THE BLUE」ブース位置情報をお伝えします。

6号館Aゾーン(A-23)の多くのメーカーが集う“UOYAブース”内にブース出展となります。詳しい位置情報は以下をご覧になってみてください。

いやぁ、いよいよですね「フィッシングショーOSAKA2024」。

ぜひ、ON THE BLUEブースにも足を運んでいただき、初お披露目となる新製品チェックと、オリジナルステッカーGETを目掛けてブースへお越しください!

ON THE BLUEの最新情報は以下からもチェック!

公式Instagramページはこちら

公式YouTubeチャンネルはこちら

遊漁船 日登美丸詳細ページはこちら