ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

作り手の思惑を超えた「サビア」というロッド/イカメタル編

連載:加来 匠レオン「ライトゲームマニア」
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

先日の記事に続いてサビオ&サビアの話ですが、今回はイカメタルゲームに挑戦。

タイラバにとても向いているのなら、イカメタルにも向いているでしょ。って事で今回は食材確保を兼ねて、知久さんが早くから予約していた金沢ライトケンサキのパイオニアである海龍丸(砂山船長)へおジャマしてきました。

レオン 加来 匠(Kaku Takumi) プロフィール

加来匠(かく たくみ) 中国&四国エリアをホームグラウンドとし、メバルやアジ、根魚全般の釣りを得意とする生粋のソルトライトリガー。レオンというのはネットでのハンドルネームとして使い始めたが、いつの間にか、ニックネームとして定着。ワインドダートやSWベイトフィネスなどを世に広めた張本人、新たなスタイルを常に模索中! 「大人の遊びを追求するフィッシングギアを提供する」ことを目的としたプライベートプロダクション「インクスレーベル」代表もつとめる。

タイラバに良いならイカメタルにも…

手短に結論から言うと、特にサビアがタイラバほどジャストマッチでは無いものの、釣果には全く影響が無いレベルでマッチしていて、無理にイカメタル専用ロッドを用意しなくても充分以上に遊べます。

これは黎明期から小浜式ライトケンサキ専用ロッドやスパイラル釣法ロッドなどを使ってきた僕の素直な感想です。

デメリットは大きく2つ

あえてプロダクター目線で見て、目立ったデメリットは二つ。

巻くだけのタイラバと違い、大きなロッドワークでのリフト&フォールや、ティップを細かくシェイクする「叩き」などを多用するイカメタルゲームでは、レングスが7.9フィートもあるサビオではフロントヘビーになって身体に負担が掛かり、時間が経つ毎に少ししんどくなってきます。

そこで6.7フィートのサビアに持ち変えると、あらま快適。こりゃ汎用目的(バーサタイル)でライトゲームからタイラバやイカメタルまで一本でやるなら、「サビア推し」ですなと。

続いて違う側面を検証すると、「叩き」の方にも少しだけもっさり感が出ます。まあ軽いリグをキャストするように作られた竿なので無理は無いのだけれども、ロッドの前後バランスをもう少しだけリアヘビーにすれば、専用ロッド並みにリズム良く軽快にやれる感じでしたね。

あとは好みの問題もあるけれど、平均でも500gも無いイカが相手なので、もう少し弾性を上げて薄作りにしてしゃっきり感を出しても良いかなと…。

的な話を休憩兼ねて操舵室の砂山船長にすると、黎明期からこの釣りをやり、数々のイカメタルロッドテストに立ち会ってきた船長らしく、「実は、俺は作りたいロッドイメージがキッチリあるんだよ」「作ってよ」とおっしゃる。

ほほ〜。これ以上の監修者は居ないんじゃ無かろうか?

と、さっそく握手してサンプル製作に取りかかる約束をしてしまいましたよ(爆)

関連情報をチェック

出典:YouTubeチャンネル「INX tv」

https://twitter.com/mokigi0611/status/1546120901468762113

質問箱はこちら

https://peing.net/ja/q/65db4bb9-d1f1-4ffc-bfb2-a5abf7a67b98

関連記事

作り手の思惑を超えた「サビオ」と「サビア」というロッド