ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

「にょろにょろ」と「うにょうにょ」バチ抜けシーバスオススメルアー2種を紹介

そろそろバチ抜けシーバスのシーズンですよね!

そもそもバチ抜けを簡単に説明すると…。
バチ(ゴカイやイソメなどの総称)は基本的には年中、海底にいますが、冬から春、12月中旬から6月にかけて産卵のためボトムから離れてきます! これがバチ抜けという行動で、これらのバチを捕食するシーバスを狙うのがバチ抜けパターンです!

さて、そんなバチ抜けシーバス用ルアーとして人気を集めているのが、ジャクソンから発売されている「にょろにょろ」と「うにょうにょ」!

今回はそんな「にょろにょろ」」と「うにょうにょ」についてご紹介します!

下写真下が「にょろにょろ」、下写真上が「にょろにょろ」のソフト版「うにょうにょ」

まずは「にょろにょろ」から!

にょろにょろ【ジャクソン】
60mm 85mm 105mm 125mm

発売中

長きに渡って、バチ抜けルアーの超定番として人気なのが「にょろにょろ」」。
極端に細長いデザインをした特殊シンキングプラグで、サイズは4種類あり。

Size Weight Type Range Hook Quantity Price
60mm 3.5g Sinking S-74#10 1 ¥1100
85mm 7g Sinking S-74#6 1 ¥1200
105mm 9g Sinking ST-46#10 1 ¥1350
125mm 14g Sinking ST-46#10×3 1 ¥1400

ジャクソン公式「にょろにょろ」詳細ページはこちら

ボディは中空ボディで底面部には専用設計の極細ウエイトを搭載。ボディの空気抵抗の少なさと低重心化が両立されていて、キャスト時は美しい飛行姿勢をキープしつつ遠投が可能!

また、フォール時は細かなロールアクションをともなった水平フォールを見せてくれます。

バチ抜けパターンでの使い方的には、基本は投げてただ巻くだけでOK‼︎
スローリトリーブすると表層付近を泳ぐので、泳ぐバチにそっくり!
あとは目視し確認したバチのサイズに合わせてサイズを選んでやるのが◎!

気になるアクションについての質ですが、ローリングアクションとヘッドを支点にした緩やかなウォブリングアクションがミックスされた独自の「にょろにょろアクション」という感じ!
派手すぎないナチュラルな動きなので、ハイプレッシャー下でも多くのバイトを誘いだすことが可能となっています!

カラーは豊富! 下写真以外にもあるぞ

 

実際、どんな動きなのか? は動画をぜひチェック

出典:YouTubeチャンネル「studio jackson」

 

続いて、「うにょうにょ」についてご紹介

ハードプラグ「にょろにょろ」で食わない場合はソフト素材も採用されている「うにょうにょ」を投入

にょろにょろ」」とともにバチ抜けパターンで人気なのが「うにょうにょ」。
うにょうにょ」は、「にょろにょろ」」のソフト素材バージョン的な存在で、動きも「にょろにょろ」」譲りのローリングアクション系。

どんな時に使えばイイのか? については、にょろにょろで食わないときや、すごくシビアな状況下に投入するのがオススメ!

ハード素材とソフト素材で、シーバスの反応がかなり違うことが多いのでぜひ、スタンバイさせてしてほしいです!

Name Size Weight Type Hook 価格(税込)
うにょうにょ 90mm 9g Sinking #8 ¥1,100

ジャクソン公式うにょうにょ詳細ページはこちら

「うにょうにょ」の水中アクション動画をぜひチェック

出典:YouTubeチャンネル「studio jackson」

 

 

以上、バチ抜けシーバス用ルアーとして人気の『にょろにょろ』『うにょうにょ』をご紹介しました!

ぜひバチパターンを楽しんでくださいね♪

 

「にょろにょろ」「うにょうにょ」参考動画もぜひチェック

出典:YouTubeチャンネル「studio jackson」