ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ティップランエギングの超定番エギ】ヤマシタ「エギ王TR」がリニューアル!装い新たに2021年9月登場!

ちらちらと…SNSでチラ見せ投稿もあり、気になってた方多いんじゃないでしょうか。

ヤマシタのティップラン専用エギ「エギ王TR」がリニューアルです。

 

エギ王TR

2021年9月初旬登場予定

ヤマシタ公式「エギ王TR」詳細ページはこちら

そもそもエギ王TRとは

ティップランで重要とされる「安定性」を目指したティップラン専用エギ。アクション後にピタッと止められる安定性で、どこか無防備な餌を演出、イカがエギを捕まえやすい状況を作れるとのこと。

安定性とは「動かずに泳ぐ」という、言わば矛盾した要素の融合。

アタリが集中すると言われる誘いの直後からエギを止めてアタリを待つタイミングで、エギがスラロームしてしまったりブレが生じないよう細部にまでこだわりが。「フィン」+「シンカー」 +「ボディ」そして今回リニューアルされた「デカ針」の相乗効果による全身安定構造で、アタリが欲しいここぞというタイミングでピタッと止めることができる専用設計。

縦・横方向のブレを制御するために十字形状のフィンを採用したハイドロフィンTRを採用。また490グローを採用しておりフィン自体がしっかりアピール

独自の発想で設計されたハイドロボディ。通常のエギに比べ、横へ鋭角に張り出したようなシェイプが、エギ王TRの安定感を支えるために非常に重要な役割。

蓄熱効果のある布を使い、船上で蓄えた熱を海中へと届け、エギに生命感を与えるウォームジャケットを採用

 

ピタッと止まる安定スイムはそのままに…

今回リニューアルされたポイントは大きく3つ。

デカ針仕様

リア側のフックが大きくなりました。なんだそんなことか…と侮るなかれ。リア側だけ大きくすることでパラシュート効果となり、エギの動きを安定させるとのこと。もちろんフッキングも良くなり身切れの抑制にも貢献。

 

ハイドロシンカーが錫(すず)仕様に

エギ王TRの大きな特長の1つとも言える「ハイドロシンカー」が今回から錫仕様に変更。鉛に比べ環境に優しく、また従来の鉛に比べ比重が軽く、最適な安定性能を引き出すために従来のモデルよりやや軽い27gに変更。よりナチュラルなアクションにも期待。

 

カラーもリニューアル

そして、カラーもリニューアル。ディープでの僅かな紫外線を受けて妖しく光るケイムラ系カラーが追加、また「オレンジゴールド」や「パープルパープル」など、人気色もカラーリングが見直され全8色がラインナップ。

001 金アジ【金テープ】

ティップランでも実績が高い不可欠カラー金アジ。フラッシングで広範囲からイカを呼び寄せる。

006 軍艦グリーン【赤テープ】

ショアのマヅメ時に効果的なカラーが登場。緑と赤のコントラストがイカの視覚を刺激。海中に溶け込むグリーンとシルエット効果がある赤テープの組み合わせが、光が届きにくいデープエリアのイカを誘惑。

026 オレンジゴールド【金テープ】

オレンジ背色+金テープボディのド定番カラー。アピール力が強いため、群れと遭遇したラッシュ時に効率よくイカを仕留める。

033 レッドグレープ【赤テープ】

濁り潮やディープエリアで活躍するカラー。赤テープのシルエット効果で、イカにしっかりとアピール。

056 パープルパープル【紫テープ】

シーンを選ばず活躍する大人気カラー。澄潮やディープエリアでの実績が高い。3.5号

059 ケイムラピンク【ケイムラボディ】

ケイムラボディとピンクを組み合わせた定番カラー。澄潮はもちろん、笹濁り時にもしっかりとイカにアピールするカラー。

060 ケイムラブルー【ケイムラボディ】

ケイムラボディとクリアブルーの組み合わせが澄潮に馴染み、活性の低いイカに効果を発揮するカラー。

061 ミステリーパープル【ケイムラボディ】

怪しく透けるパープルボディで定番色をアレンジ。

 

関連動画をチェック

出典:YouTubeチャンネル「YAMASHITA Maria」

 

定番中の定番エギが満を持してのリニューアル。早く現場で使ってみたいです!

ヤマシタ

「ヤマシタ(YAMASHITA)」は、神奈川県横浜市の老舗釣具漁具メーカー「ヤマリア」のエギング、イカ釣り、タイラバ、タコ釣りなど、海釣り用品に特化したブランド。特にエギングへの造形は深く、エギのスタンダートである「エギ王」シリーズや、「ケイムラ」カラー、「490グロー」カラーなどを送り出し、最新のテクノロジーでエギングの世界を変え続けている。