ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【レイドジャパン開発よもやま話】ホバストやミドスト…”スト系”特化型ワーム「フィッシュローラー」の使い方

寄稿:江口 俊介

「ホバスト」や「ミドスト」は既に完成している釣り…なのでしょうか。

いよいよ発売となったホバスト&ミドスト特化型ソフトベイト「フィッシュローラー」

ジグヘッドや特に流行のホバストを意識した「スト系」特化型アイテムと言うと、現時点では極めてニッチで幅の狭いイメージになってしまうかもしれません。

あえての専用設計で、ホバストやミドストの釣りをもっと身近にする事をコンセプトに開発したフィッシュローラー。まだまだ活躍の機会が広がりそうな可能性を秘めているホバスト釣法についても紐解きつつ、紹介していきたいと思います。

江口 俊介(EguchiShunsuke) プロフィール

JB TOP50に参戦中で好成績を残しているトップトーナメンターで通称は「エグシュン」。 トーナメント仕込みのフィネスはもちろん、「吊るし」を全国区にした"エグ弾”の開発に携わるなど、ラバージグのスペシャリストの異名を持ちマッディシャローのカバーゲームも得意。 プライベートではソルトも楽しむマルチな一面も。

 

そもそもホバストとは…

流行中のホバストですが、おさらいを兼ねてもう一度掘り返すと、その起源は七色ダムなどの超クリアリザーバーを発祥としたリグで、高浮力でベイトフィッシュライクなソフトベイトを基本に、ジグヘッドからウェイトを排した様な専用フックをワーム背部に装着、0.3g・0.45gと言った極小ネイルをヘッド下部に埋め込むという超軽量リグ

写真左がホバスト、写真右がジグヘッドリグ

そのごく軽量なリグに細かいシェイキングを繰り返す事で、まるで水中をホバリングするかの如くデッドスローに漂わせる事を可能にしたのがホバストであり、そのホバストやミドスト用に開発したのが「フィッシュローラー」です。

 

リグセッティングについて

「フィッシュローラー」をホバストでセットするフックは、リューギ「ホバーショット」。サイズについては、3inchには#3を推奨。4inchについては#2を使用しています。

なお4inchに関してですが、#2で問題無く使えてはいるんですが、少し小さいイメージです。現在、#1の開発が進んでいてプロトタイプを試させて貰いましたがこれがドンピシャ。発売が楽しみではありますが、#1が販売されるまで#2で様子を見て貰えれば…と思います。

そして、ネイルシンカーのウェイトについては様々なウェイトを使ってもらっても効果的なリグとして十分機能します。ただ、ホバストのルーツが「0.6g以下のジグヘッドが市場に無くその為の試行錯誤したことが起源」であることから、ホバストとして推奨するのは0.6g以下のウェイトとしたいと思います。

写真上が4inch、写真下が3inch

自重的には4inchが約6g、3inchが約3gになります。装着するウェイトは3inchであれば0.3g、4inchでは0.45gを基準に狙うレンジや流れ、風などの要素によって少し重くするなど調整してもらえれば良いと思います。

 

タックルについて

現在ホバストで愛用しているセッティングは…

●ロッド グラディエーターマキシマム ソリッドマックスXL GX-59XLS-AS

●リール ダイワ ルビアスFC LT2000S

●ライン 東レソルトライン スーパーライトPE0.4号+パワーゲーム ルアーリーダー5lb

上記のタックルで3inch・4inch共に使用しています。

4inchについてはサイズも大きくレイドのロッドシリーズであればソリッドマックスULやフィクサーシリーズ・ディフェンダーなどでも気持ちよくキャスト可能ですが、ホバストはシェイクをし続ける事が多い釣法である為、ストレスなくシェイクし続けられるロッドと言うところで両サイズ共にソリッドマックスXLに行きつきました。

リールについてはシェイク疲れしない様、できるだけ軽量なものでサイズは2000~2500番を選んで貰えれば間違いなく、ギア比については好みで問題ないと思います。

 

ラインはフロロ or PEラインを

続いてはラインについて。

基本的にはフロロカーボン3~4lbを選んで貰えば間違いありませんが、最近の自分的主流は直線強度と圧倒的飛距離からPEセッティングを愛用しています。太さは現状0.4号の一択。リーダーに関しては5lbが基準となります。

PEラインの場合リーダーを、クリアーレイクの高IQバスに対しては3lb、デカバス対策やティンバーやレイダウンなどストラクチャーが険しい場合には7lb…というように状況に応じて幅広く対応できる事もメリットとなります。

PEラインは比重が軽いのでラインが風等で流されやすく、伸びが少ないのでシェイクも張らず緩めずの感覚が少々掴みにくいきらいもありますが、扱いになれさえすれば圧倒的な飛距離とフロロを凌ぐ直線強度でデカバス相手でも楽々ファイトが可能。

また、オールソリッドロッドのソリッドマックスXLとPEセッティングの好相性でPEラインの伸びの無さをオールソリッドが補ってくれるのでPE使用の場合は特にソリッドマックスXLの使用をお勧めします。

という訳で、以上がフィッシュローラーの特長と有効なセッティングです。

カナモもテスト段階からめちゃくちゃビッグバスを仕留めてくれていました。写真はリザーバーにて、フィッシュローラー3inchのホバストで手にしたビッグフィッシュ。

 

関連動画

【RAIDJAPAN 2021 NewProducts】FISHROLLER 3inch/4inch

出典:YouTube「RAID JAPAN Official Channel」

[MATCH THE BAIT]Vol.2 先行者が居ても釣る方法!!

 

なぜ「フィッシュローラー」がホバストの可能性を広げるのか。…次のページで!
1 / 2
次へ