ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【NEWセッティングも公開】加木屋守(マーモ)がジャッカル「ドリフトクラブ」のサイトフィッシングテクについて解説

連載:マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」

皆さんこんにちは!

遂に「ドリフトクラブ」が発売されました! すでに沢山の方々の釣果をSNSで見かけることができ、僕も本当に嬉しいです。

さて、皆さんが「ドリフトクラブ」を手にしていただいたところで、もう一度使い方について紹介させていただきます。

加木屋守(Kagiya Mamoru) プロフィール

ニックネームは「マーモ」。油ケ淵はもちろん、知多方面の野池を知り尽くし、長良川ではガイドも務める。ジャッカルのロッド「BPM」のイメージリーダーを務め、自身初のプロデュースルアーとなる「ディズラ」も話題沸騰中!活躍の幅を広げている人気アングラー。1992年11月生まれ。

 

「ドリフトクラブ」の一番オススメな使い方!ノーシンカーワッキーリグによるサイトフィッシング

まず、「ドリフトクラブ」を使うにあたって、1番試してほしいのがノーシンカーワッキーによるサイトフィッシング。

Name Length(本体/テール含む全体) QTYt 税込価格
DRIFT CRAB 45 45mm/145mm 5 ¥880

ジャッカル公式「ドリフトクラブ」詳細ページはこちら

 

バスが面白いくらい反応するので、岸際を向いてるバスにはぜひお試しください。以下の動画のように、バスが岸を向いてる時に一度岸に乗せて、落としてあげると凄く反応してくれますよ。

 

その動画がこちら!

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

 

そのままフォールさせて食うこともありますが、それでも食わないやつは見切られる間際に少しアクションをつけて、よりバスにスイッチを入れます。

後はシェイクしてフワフワさせるとよってきて食ってくれることもあります。そのフワフワさせる時も岸際を平行に通してくると、よりバイトチャンスも増えますよ。

マスバリは「タリズマン」の#1/0か#2/0がオススメ。カバーの濃いところでは「ヘビーガードタリズマン」も使用します。

 

タリズマン

リューギ公式「タリズマン」詳細ページはこちら

 

ヘビーガードタリズマン

リューギ公式「ヘビーガードタリズマン」詳細ページはこちら

 

そしてマスバリだけではなく、#2/0のオフセットフックのフリーリグやリーダーレスダウンショットリグにも最適なワームですので、縦ストラクチャーなどをフォール中心で狙う時はフリーリグ、濃いカバーを撃つ時はリーダーレスダウンショットリグを使用して見てください。

 

「ドリフトクラブ」のジグヘッドワッキーを使用した新たなパターンを発見!

ここまで説明させていただいたのは、これまで数多くバスを釣ってきた定番の釣り方。

つい先日、新たなドリフトクラブと相性の良い釣りを見つけました。それはジグヘッドワッキーセッティングの「ドリフトクラブ」です。

 

これを石積みなどのブレイク周辺でフワフワさせてくる釣り方が、先日旧吉野川で炸裂させることができました。

扁平形状なのでジグヘッドワッキーにセットすることによって、石の隙間に挟まりにくく、根掛かりも少ないので効率よく攻めることができます。

 

そして旧吉みたいなカニの多いフィールドではまさに有効な釣り方ですので、ジグヘッドワッキーの釣りも皆さんが行かれるフィールドでぜひお試しください。

皆さんの釣果を楽しみにしています!!

 

WEB連載 マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」は毎週 日曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらからチェックしてみて下さい!

 

ジャッカル最新情報はこちら

【DBユーマ フリー】秦拓馬プロデュース!フリーリグ完全対応ワームに秦拓馬 監修の2021年の新色2色が登場

【ハニーナゲット】加藤誠司プロデュース!フリーリグワームとして人気のハニナゲの2021年新色はブルーギル系

【ブラストボーンJr SF】進化系ビッグベイトに待望のジュニアサイズが登場

【ドリフトクラブ45】マーモ加木屋 守プロデュース! 甲殻類系・新型ワームが2021年5月中旬ついに登場

【ドライライトフーディ】暑い時期の釣りを快適にしてくれる新作フィーディがジャッカルから登場

【クールドライロングスリーブティー】ジャッカルからキシリトールプリント加工が施されたNEW冷感ロングTシャツが登場