ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ダイワの進化系セミルアー「ドラウンシケーダREV.」に2021年NEWカラー4色が追加

ダイワの人気ムシルアー「ドラウンシケーダ REV.」をご紹介。

ドラウンシケーダREV.【ダイワ】

2021年3月新色3色が登場
ニイニイゼミ、オニヤンマ、カナブン、クワガタ

ダイワからは、これまでもいくつかのセミ系ルアーが登場。

そんな中、リアルなセミの行動を注意深く観察、研究を重ねた進化型セミルアーとして2020年に登場したのドラウンシケーダREV.!

弱って水に落ちたセミは羽根を閉じて漂い…。再び羽根をバタつかせて後、羽根を閉じて漂うという習性があるよう。

それを再現するべく、このルアーでは巻くと羽根をバタつかせ、止めれば羽根を閉じる動きがでるようになっています!

サイズも小ぶりな41mmで、バスのサイズ問わず食わせ力のあるのもイイ感じ。

サイズ
(mm)
標準自重
(g)
色数 標準装備フック メーカー希望
本体価格(円)
41 4.6 6 サクサス加工トレブル#10 1,330

ダイワ公式ドラウンシケーダREV.詳細ページはこちら

 

ドラウンシケーダREVの特長を細かく見ていきましょう

●自動で閉じるバネ機能を持った羽根で弱ったセミを演出!
羽根の根元につめ形状を追加。この部分が羽根を開いたときにボディに当たり、羽根を閉じる方向への力を与えます。

 

●横風を受けても流されにくき浮力とデザイン
実際のセミを徹底研究。横風を受けても流されにくい浮力調整とし、狙ったエリアを攻めることが可能

 

 

●コンパクトボディながらフッキング率を上げる2フック仕様
フッキング率を上げる2フック仕様。フッ素系特殊プレーティングのサクサスフックの色はセミの足のようにも見え、不要な違和感を与えません。

 

 

こだわりの浮き姿勢

実際のセミを徹底研究。弱って落ちたセミの羽根は閉じている。また、喫水にもこだわり、横風を受けても流されにくい浮力調整とし、狙ったエリアをじっくり攻めることが可能

 

 

●刺さりのいいサクサスフック搭載#10

関連動画もぜひチェック

DAIWA 実釣ルアーマニュアル ドラウンシケーダREV. 丸山智幸

出典:YouTubeチャンネル「DAIWA japan official」

 

カラーは2021年3月登場の新色4色を含め全10色、カラーのネーミングも面白いですね!

以上、ダイワの最新セミルアーをご紹介しました。気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。