ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【レイドジャパン2021年の新製品】吉田遊プロデュース第2弾もう一つのスイッチベイト「SWITCHBAIT ANSWER」

もうチェックしましたか? 先日発表されたレイドジャパン2021年の新製品情報。

…実は! 幸運にもイロイロと新製品に触れる機会が。

今回はその中から特に記者が気になっていたルアーの1つ「SWITCHBAIT ANSWER」をいじってみます。

 

SWITCHBAIT ANSWER

2021年5月頃登場予定

吉田遊さんプロデュース第2弾のペラ付きのサブサーフェイスミノー「SWITCHBAIT ANSWER」。

 

まずは見た目から

実は記者、長年トップウォーターのバス釣りをしています。いわゆるトッパーというやつです。

 

トップばかり投げていると、細身のシルエットで軽く潜るみたいなルアーが効くことがよくあるんです。特に春先~夏にかけてとかベイトフィッシュ食ってる系の河川とか。

で、目に付いたのがこの細身のシルエット。

正面から見るとこんな感じ

体高はやや高めですが、下から見上げるとかなり細身の設計。ロール系のアクションだと明滅効果も期待できそう。そして、108mmで1/2oz.クラスというサイズも、これ以上小さいとアピールが足りないかも…というギリギリのサイズ感。一般的なM~MHクラスのタックルで十分扱いきれそうです。

吉田遊さんプロデュース第一弾の「SCRATCH」では出きらないバスを射止める、まさに「スマート系トップウォーター」。

 

続いては気なるアクションについて

ベースコンセプトは「ウェイクベイトとしてもロッドワークでも誘えるSWITCHBAIT」。

 

つまり、ただ巻きでもアクションさせても使えるということ。

アクションに関しては、テロテロとただ巻きで広くシャローを探ったり、護岸沿いを流していったり。また水中映像を見る限り、強めにジャークを入れると「ジュボッ」っと泡を伴う捕食音系のヒラ打ちダイブ。また、軽めのトゥイッチなんかのモゾモゾと移動距離少なめのアクションも効きそうだなと。

 

ここに注目!ダイブ後の浮上時にも回転するペラ

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

最大の特長はやや厚みのあるペラ。息を吹きかけるだけで回るほどに、その回転性能は抜群。なんといってもダイブ後に浮上する際もキラキラを光を反射しながら回転し続けるという、このライザーアクションが特に効くんだそうで、テスト時にはかなり深いレンジにいる数々のバスを引っ張り出せたとのこと。 ダイブで興味を引きつけ、浮上時のアクションで食わせる。間違いないですね。

 

ちなみに見せてもらったプロトはウエイトが固定式。ピンに撃ち込んで、巻き始めからのレスポンスの良さにも期待度高し。春のシャローや護岸沿いで、伸びかけたウィードの上で、フィーディングポイントになる背で、ここぞというハングの奥で…ぜひ。

 

関連情報もチェック

出典:YouTube「RAID JAPAN Official Channel」

【いよいよ情報解禁!】「レイドジャパン」2021年のルアー系新製品 全8アイテムをイッキにチェック!

【レイドジャパン開発よもやま話】第3回:吉田遊プロデュース第2弾!今回は…スマート系トップウォータールアー?

 

レイドジャパン(RAID JAPAN)

2011年設立、岡山県を拠点とするタックルメーカー。 ロッド「グラディエーター」シリーズをはじめ、各種バスルアーを輩出。 代表はカリスマアングラーとして知られる金森隆志氏。 「常に釣り人であれ。」という観念のもと、岸釣りのレベルとステイタスを押し上げるべく、現場主体で日々開発・研究を重ねている。