ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【レイドジャパン開発よもやま話】第3回:吉田遊プロデュース第2弾!今回は…スマート系トップウォータールアー?

今回は、2021年の発売に向けフルパワーで開発を進めているNew プラグのひとつを紹介。

今後は開発中のアイテムについても少しずつ紹介していきますのでどうかお付き合いください。

 

吉田遊プロデュース第2弾!

今回紹介するプロダクトは、レイドジャパンが有するプロモーターの中でも特にトップウォータープラグへの造詣が深い「SCRATCH」の生みの親である“吉田 遊”プロデュースの第二弾になります!

 

テクニカルに塁を盗む俊足打者のようなトップウォータープラグ

ルアージャンルは、トップウォータープラグ。

強烈なインパクトが持ち味の第一弾SWITCHBAIT・SCRATCHが「ホームランを量産する強振打者」のようなイメージであるのに対し、今回の開発品は「テクニカルに塁を盗む俊足打者」のような繊細でスマートなイメージ。

コンセプトがまったく異なる「もうひとつのSWITCHBAIT(スウィッチベイト)」として開発を進めています。

 

並べてみれば一目瞭然、ボディフォルムからまったく別の狙いがあることがお分かりいただけるかと思います。

狙っているのは、魚のコンディションによって「SCRATCH」で拾いきれなかったデリケートな魚をも水面まで引きずり出せる繊細な誘いができるルアー

 

そして、このルアーの要とも言えるテールのペラ。軽快なアクション、繊細なサウンドとスピットを生み出すためにあえて控えめなペラをセッティングしています。

 

 

ペラのサイズや材質、厚み、重さ、ひねり角が微妙に異なるだけで生み出すエレメント(アクション/サウンド/スピット/回転性能/水中に引き込む気泡など…)は大きく変わってきますので、理想のエレメントを求めて様々なペラを装着してテストを行っています。

 

長くバスフィッシングをされている方は既にお気づきかと思いますが、春先から夏にかけて猛烈に効果的なルアージャンルのひとつと言えるでしょう。

当アイテムは2021年の春にリリースできるよう只今絶賛進行中です!

詳細は随時更新していきますのでこれからも「レイドジャパン開発よもやま話」をチェックしてくださいね。

 

レイドジャパン(RAID JAPAN)

2011年設立、岡山県を拠点とするタックルメーカー。 ロッド「グラディエーター」シリーズをはじめ、各種バスルアーを輩出。 代表はカリスマアングラーとして知られる金森隆志氏。 「常に釣り人であれ。」という観念のもと、岸釣りのレベルとステイタスを押し上げるべく、現場主体で日々開発・研究を重ねている。