ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【急激な水温低下でも安定の釣果】今、そしてこれからの琵琶湖でキーになるのは「カットスイング」と「ヘッドスライド+フルスイング」

寄稿:近松 卓二

いよいよ2021年が始まりました!

今年もガイド業を活かした自分らしい琵琶湖リアルタイム情報を発信していきたいと思いますので、改めてどうぞよろしくお願いいたします!

近松 卓二 (Takuji Chikamatsu) プロフィール

レイドジャパンプロスタッフ。琵琶湖の人気プロガイドとして活動しながら、多くのトーナメントにも参戦。TBC(利根川)や琵琶湖のBATNET(バスアングラーズトーナメントネットワーク)のトーナメントで入賞多数。

 

年末の寒波で急激に水温低下…直近の琵琶湖について

さて、まずは年始からの琵琶湖の状況です。

昨年末からやってきた強烈な寒波により、例年より暖かった水温がガクンと一気に最低水温まで低下。突然の低水温に魚もショックを受けたのか、かなりタフな状況が続いております。

それでも琵琶湖は他のフィールドとは違いフィールド自体が広大ですから、水深がある北湖では8度台で安定しており、1日の中で短いタイミングですが魚自体はしっかりとフィーディングしている状態です。

 

狙うべきポイントとオススメルアー

北湖の中でも高めの水温を維持しているポイントでは基本的に「湧水」や「伏流水」が絡んでおり、狙うべきレンジは冷たい水の影響を受けにくい1〜8mまで。

エリアの探し方の目安としては、陸地の地形を広い視野で捉えると見えてくるんですが、「湧水」は地形的に谷状になっている場所に見られることが多く、また大きめの岩が絡んでいる場所も湧水が湧くことがあります。そして、湧水は1年を通して水温が安定しているため、冬季は他より水温が高く夏季は他より水温が低いため魚が好む傾向にあり、特に寒さが厳しい季節には外せないポイント。

その様な場所ではやはり、フルスイング5インチテールカット仕様のノーシンカー「カットスイング」がオススメ!

 

カットスイングはこちらの記事も参考に

【フルスイング5inch】琵琶湖で密かに使われているらしい…こんな使い方

 

カットスイングはウェイトバランスとボディデザイン、リブの傾斜角によってロッドワークを加えた際にホップするように跳ね上がるため根掛かりにくく、快適なリズムで釣りを継続することができます。集中力の維持が難しくなる厳寒期ともなると、この「快適なリズムで釣りを継続できる」という基本要素こそが釣果に直結すると言っても過言ではありません。

アクションは、沈めて(1m沈むのに3秒ほど)ボトムを取ったらしっかりとラインを水に馴染ませる。そして、引っかかる場所までゆっくりとズル引きしていき、スタックしたスポットで軽いトウィッチを2〜3回入れて5秒ステイ。

 

ディープレンジにノーシンカーワームを送り込んでいるため、水中でのラインが受ける水の抵抗はかなりのものになります。フロロカーボンラインの比重によってラインをしっかりと沈めない限りロッドワークを加えればワームは上方向に向かいます。水中でのラインをイメージしワームがボトムから離れすぎないように操作してください。ステイ時は必ずラインをたるませて置いておくのがキモです。

喰わせのタイミングでもある根がかりを外した瞬間は超絶チャンスなので必ず糸をたるめ来るべきバイトを待ちましょう!

かなりのラインを水中に這わせているため、バイトがあってもそのままロッドをあおっただけではラインのたるみすらも取れません。水中に放出した分のラインをしっかりとリールで巻き取って、巻き合わせを入れましょう。

 

 

水温が上がってくる今後の状況

この先、徐々に水温が上がってくれば南湖が熱くなります!

現在は北湖の暖かい水が入るメインチャンネルが絡む北エリアの背の低いウィード(リングビアウォーレイ)をノーシンカーで釣る方法が有効ですが、2月の中頃になればその場所よりインサイド側に魚が動いてくるはずです。

 

早春にハマるスイミングジグの釣り

そして、そのインサイドには今年はかなりのウィードが残っているので幅広く、点ではなく線でウィードを釣る事が必須になるでしょう。

そこで活躍するのが「ヘッドスライド11g +フルスイング4インチ」のスイミングです。

 

レンジは3〜5mレンジに残る50cm〜1mのウィードの帯をしっかりとトレースしていきます。

浮き上がりすぎると感じた時は…ネイルシンカー3.5gをフルスイングの腹に打ってやると、より水平姿勢になり更に深い場所の攻略が可能となりますので是非試してみてください。

 

釣り方は簡単で、投げてボトムを取ったら一定のスピードでウィードのツラを綺麗に巻いてくるだけ。ヘッドスライドのヘッド形状は極端にウィードが引っかかりずらく、枯れウィードの中でもストレスなく引き倒すことができるため、かなりのアドバンテージを生んでくれるはずです。

今年は木浜、アクティバ、下物沖など幅広い範囲で沖のメインチャンネル側のウィードが残っており、北湖からスポーンの為にやってきた巨大なバスがステージングしてウィードエリアで餌を捕食。その後スポーニングに向かうはずです。

流行りのノーシンカーゲームも楽しいですが…早春に記録級が釣れるスイミングジグの釣りもぜひチャレンジしてみてください!

 

過去の記事もチェック

【水中の糸に全集中】水温6℃~10℃の琵琶湖!プロガイド近松卓二のイチオシは「チューンしたフルスイング5インチ」

【琵琶湖で”3桁”釣果】数を狙うか、型を狙うか。プロガイド近松 卓二の初冬の釣り「レベルシャッドスプリンター68MR」or「ワーミング」

ターンオーバー時は【シャロー×ウィード】を狙え!琵琶湖ガイド近松 卓二の今が旬な「レベルミノー」攻略

秋×ミドルレンジ×エビ・ハゼ系ベイトといえば…。琵琶湖ガイド近松 卓二「2WAY」という選択肢

寄せるんじゃない、散らすんだ!琵琶湖ガイド近松 卓二の「エグチャンク」の使い方

 

レイドジャパン(RAID JAPAN)

2011年設立、岡山県を拠点とするタックルメーカー。 ロッド「グラディエーター」シリーズをはじめ、各種バスルアーを輩出。 代表はカリスマアングラーとして知られる金森隆志氏。 「常に釣り人であれ。」という観念のもと、岸釣りのレベルとステイタスを押し上げるべく、現場主体で日々開発・研究を重ねている。