ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ターンオーバー時は【シャロー×ウィード】を狙え!琵琶湖ガイド近松 卓二の今が旬な「レベルミノー」攻略

寄稿:近松 卓二

秋も深まり、暖かい日もあれば冷える日もあり、寒暖を交互に繰り返すような日々です。

1日の中で朝夕と昼間の寒暖差がはっきりしてくると、表層付近の水が冷やされ対流を引き起こします。対流によって、湖の底層にあった酸素量の低い悪い水が舞い上がり全体的に水質が悪化し、魚の活性は落ちて釣りづらい状況になります。

これがいわゆる「ターンオーバー」。

このようなターンオーバー時の打開策のひとつとして、新しい水を供給するインレット絡みのシャロー攻略がキーになってきます。

近松 卓二 (Takuji Chikamatsu) プロフィール

レイドジャパンプロスタッフ。琵琶湖の人気プロガイドとして活動しながら、多くのトーナメントにも参戦。TBC(利根川)や琵琶湖のBATNET(バスアングラーズトーナメントネットワーク)のトーナメントで入賞多数。

 

ターンオーバーにはシャローのウィードが◎

今年の琵琶湖は台風が直撃していないためウィードが多く、特にインレットが絡むシャローエリアにはウィードが沢山残っています。

 

そのウィードエリアでも特に有望な場所は、ブレイク付近に位置する縦ウィードで、さらにアユやハスっ子が湧いているエリア。ウィードは悪い水をブロックする上に水の浄化作用があり、身を隠すこともできる居心地の良いスポット。

ベイトフィッシュやバスにとってシェルタとなっています。バスはシェルタとなるウィードに集まるベイトフィッシュを狙って、ウィードが絡んだブレイクに待機しています。

 

広大なウィードエリアでは“飛距離”がアドバンテージ

このような状況を攻略する上で、欠かすことのできないルアーが「レベルミノー」シリーズ!

 

レベルミノーはマグネット重心移動システム搭載で非常によく飛ぶため、琵琶湖の広大なウィードエリアにおいて明らかなアドバンテージを持っています。

そして、同クラスのミノーの中でも特にタイトかつハイピッチなロールアクションとスリムなボディの効果で、水がクリアになったタイミングでもアピールが強すぎないためバイトに持ち込むことができるのです。

次に2種類を展開しているレベルミノーシリーズの使い分けですが、

・ブレイク上の浅い側にベイトが入っている場合はレベルミノー

・ブレイクやブレイクの下にベイトが位置する場合はレベルミノープラス

ベイトフィッシュの定位するレンジやポジションによって、レベルミノーのレンジを使い分けてアジャストさせていきます。

 

具体的な使い方

操作はいたって簡単。

縦ウィードの際を通すようにジャーク&ステイもしくは高速巻き&ステイするだけ。

 

基本的には、ステイ中にウィードからスッ飛んできて襲いかかってくる“ひったくりバイト”なのでエキサイティングなゲームが展開できます。

使えば使うほどフックサークルとバスの歯形でレベルミノーが男前になり、どんどん釣れる気がしてきます笑

このゲームは飛距離の出せるレベルミノーとエリアさえ押さえればショアからでも十分に楽しめるので、是非ブッ飛びレベルミノーを使って秋の琵琶湖を楽しんで頂けたらと思います!

 

琵琶湖×レベルミノー関連動画はこちら

出典:YouTube「チカマッチャンネル」

 

推薦タックル

*ロッド GLADIATOR Anti GA-610MC (Joker)【レイドジャパン】
*リール タトゥーラ100H【ダイワ】
*ライン シーガー・R18フロロリミテッド14ポンド【クレハ合繊】

 

過去の記事もチェック

秋×ミドルレンジ×エビ・ハゼ系ベイトといえば…。琵琶湖ガイド近松 卓二「2WAY」という選択肢

寄せるんじゃない、散らすんだ!琵琶湖ガイド近松 卓二の「エグチャンク」の使い方

琵琶湖でファンタスティック!ハスパターンに効くレイドジャパン「ファンタスティック」の使いどころ

ボイルがあれば”ファンタスティック”な展開!琵琶湖ガイド「近松卓二」のイマの南湖と北湖攻略法

【弱&強がキーワード】琵琶湖ガイド近松卓二のイチオシ!これからの琵琶湖を釣る4パターン+α。

 

レイドジャパン(RAID JAPAN)

2011年設立、岡山県を拠点とするタックルメーカー。 ロッド「グラディエーター」シリーズをはじめ、各種バスルアーを輩出。 代表はカリスマアングラーとして知られる金森隆志氏。 「常に釣り人であれ。」という観念のもと、岸釣りのレベルとステイタスを押し上げるべく、現場主体で日々開発・研究を重ねている。