ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【フルスイング5inch】琵琶湖で密かに使われているらしい…こんな使い方

フルスイング5inch」。

ゆっくり巻いても強く動く、言わずと知れたレイドジャパンの人気ワーム。ノーシンカーやネイルリグなどで使用される方も多いと思います。

琵琶湖といえば…今、あのワームが爆発的に流行中。そんな中、最近フルスイング5inchの”ある使い方”で、ひそかに釣果をあげている人がいるんだとか。

 

フルスイング5inchテールカットチューン

 

フルスイング5inchのテールをカット、逆からフックをセットしたフルスイング5inchテールカットチューン

…これのノーシンカーが、かなり効いているという。

ルアーニュースRで毎月初めに旬の琵琶湖情報を教えてくれている、琵琶湖プロガイドの近松卓二さんも知人に聞いて試してみたら、あっさりロクマルが釣れたんだそう。

 

どんなセッティングで使っているのか

 

そもそもフルスイング5inchは自重が約19g。テール側をカットしても約16.5gの自重があり、よく飛ぶ&操作性が抜群なんだとか。

テールをカットしたフルスイングのテール側からリグって使うんですが、注目すべきはアクションとフォール姿勢。

斜めにきった切り口と斜めリブのおかげでボトムジャークをした際に上に跳ね上がりやすいのと、やや扁平気味&ボディー腹部のみに入ったソルト(塩)のおかげフォール姿勢は安定するそう。

また、フックのアイと結び目をワームに入れるように深めにフックを刺すことで回収中にも回転しにくく、ストレスなく使用できるんだとか。ボトムに溜まった枯れウィード系のゴミも拾わなくて済みそう。

 

ちなみにこんな人も…

レイドジャパンの岡さんも近松さんに話を聞き、琵琶湖で一緒に試したら、すぐに魚からの反応を得られたそう。…恐るべし。

テールを切るというのは、なかなかの荒技ではありますが、かの「イモグラブ」や「カットテールワーム」も元はテールを切ってできたもの。釣れているとなれば試してみる価値はアリなんじゃないでしょうか。

 

関連動画もチェック

出典:YouTube「RAID JAPAN Official Channel」

 

レイドジャパン(RAID JAPAN)

2011年設立、岡山県を拠点とするタックルメーカー。 ロッド「グラディエーター」シリーズをはじめ、各種バスルアーを輩出。 代表はカリスマアングラーとして知られる金森隆志氏。 「常に釣り人であれ。」という観念のもと、岸釣りのレベルとステイタスを押し上げるべく、現場主体で日々開発・研究を重ねている。