ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

人気のド遠投系ロングロッド【ブラックスケール】にシンプルさを求めた「玄景(くろかげ)」バージョンが登場!

琵琶湖を中心とした遠投系オカッパリアングラーから絶大な人気を誇る、超遠投仕様のロッド「Blackscale Distance Edition」。

2021年の今年は開発が進められている10ft1inch、飛距離120mオーバーというロッドが登場するかも!と話題に。

【何と飛距離120mオーバー】開発が進められているヘビキャロ超遠投系10ft1inchロッド「ブラックスケール・ディスタンスエディション」BSDC-101XX 零彎(ゼロワン)の飛距離がスゴすぎる

 

そんな超遠投仕様のロッドに、エキスパートモデルが登場!

Blackscale Distance Edition 玄景(ブラックスケール ディスタンスエディション くろかげ)

2021年4月登場予定

ラインナップの中でも人気の「83X」と「87XX」がベースとなったエキスパートモデル「玄景」バージョン!

バレーヒル公式「Blackscale Distance Edition 玄景」詳細ページはこちら

ロゴもブラックで、あえて目立たない仕様に

従来のデザインの派手な要素をあえて削り、ブラックの濃淡と艶の有無だけで構成されたモノトーンなデザインが特長。渋いです。そして、グリップもEVAがメインとなり、セパレートからストレートに変更。シンプルなデザインになったことで、機能美というか少し武骨?になった感じがギアっぽく個人的にめちゃ好み。

 

スペック
MODEL length
(ft)
sections
(pcs)
closed
(cm)
weight
(g)
lure weight
(oz)
line weight
(lb)
power taper PRICE
BSDC-83X 玄景 8’3” 1+オフセットハンドル 206 210(40) 3/8-2 10-25 XH RF ¥32,000
BSDC-87XX 玄景 8’7” 1+オフセットハンドル 214 230(48) 1/2-2.1/2 12-30 XH RF ¥33,000

 

基本的なスペックや価格はそのままに、あえて「シンプル」さを求めた玄景バージョン。 気になる方はぜひ。

 

関連記事もチェック

【超ド遠投仕様】バレーヒルのロッド「ブラックスケール・ディスタンスエディション」3機種に注目