ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【投げ続けることが大事】加木屋守(マーモ)がジャッカル「ブラストボーンSF」でグッドサイズをキャッチした極秘チューンとは

連載:マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」

皆さんこんにちは! 相変わらず東や西と行ったり来たりしているマーモです(笑)。

先日はサングラスのスポンサーでお世話になっている「エレクトリック」の方と関東のメジャーフィールドの1つであもある、亀山ダムへ行って来ました。

加木屋守(Kagiya Mamoru) プロフィール

ニックネームは「マーモ」。油ケ淵はもちろん、知多方面の野池を知り尽くし、長良川ではガイドも務める。ジャッカルのロッド「BPM」のイメージリーダーを務め、自身初のプロデュースルアーとなる「ディズラ」も話題沸騰中!活躍の幅を広げている人気アングラー。1992年11月生まれ。

 

2日間の釣行はビッグベイト縛り

2日間やりましたが、ほとんどビッグベイトオンリーで挑んできました(笑)。結果的に「ブラストボーンSF」【ジャッカル】でナイスサイズを捕獲!

 

ブラストボーンSF

Name Length Weight Type Hook Size Price
BLAST BONE SF 190mm 50.5g Slow Floating ST36BC #1(F)/# 2(R) ¥3,800(本体価格)

ジャッカル公式「ブラストボーンSF」詳細ページはこちら

 

冬の亀山でのビッグベイトフィッシュはなんとも嬉しいです(笑)。

今回はビッグベイトを投げ続けたらからこそ、ちょっとした変化に気づけたのですが、釣れたタイミングは晴れのタイミングから曇ったタイミング。

この瞬間にバスがシャローへ差したのではと思い、シャローを流し始めるとプチワンド的な場所でいきなりバスのボイルらしき音が!

そこへ「ブラストボーンSF」を入れ込んで、移動距離を抑えながらスローにテーブルターンさせてくるとモワッという感じでバイト。

バイトの出方からするとそこまで激しくはないので、まさにデッドスローでテーブルターンができるという、このルアーだからこそ取れた価値のある1匹でした。

今回はテーブルターンさせながら少し潜らせたかったので、1gほどのウエイトシールを追加して貼っていました♪

 

冬にビッグベイトで魚を釣るには?

冬はシャロー以外にブレイクといった少し距離があるエリアからでも、引っ張ってきたいのでスローフローティングよりもサスペンドやスローシンキングくらいがベスト。

少し潜らせながらテーブルターンさせた方がバスにも気づいてもらいやすいので、このちょっとしたチューニングがビッグベイトで1本釣るには特にオススメ。

 

とにかく投げ倒す

後は冬にビッグベイトで釣るために1番重要なのはとにかく投げ倒すこと。

投げ続けたらどこかのタイミングでビッグベイトの状況にあった、バスと場所に巡り合う確率も高くなります。

冬はただでさえバスが口を使うチャンスが少ないので、その少ない中でいろんなことを試すよりも1つのことをやり続けてる方が釣果に繋がることもあります。

ですので、とりあえず投げ倒して、”どんなタイミングで釣れたのか?” ”どういう誘い方で?” といったように釣れる条件が色々絞れてきたら、喰うタイミングを見計らって狙えるようになります。

亀山ダムもそうでしたが、濁っているフィールドでは冬のビッグベイトを使ったシャローゲームは可能性は非常に高いと思います。

冬のビッグベイトゲームも是非お試し下さい!

 

WEB連載 マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」は毎週 日曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらからチェックしてみて下さい!

 

ジャッカル最新情報はこちら

【飛距離が出てアクションも安定】ジャッカルの王道バイブレーション「TNバイブレーション」が人気の理由とは

【突き出たアゴでボトム感知能力UP】ジャッカルの変わり種メタルバイブ「ノッキンジョー」を紹介

【コンフィー】ジャッカル「ティモン」からエリアトラウト入門にオススメな新シリーズが登場

【僕らの赤パケ】1パック480円!食わせ系ワームが揃ったジャッカルのレッドパッケージシリーズ全9種を紹介!

【JACKALLソフトシェルパンツ】防風性と伸縮性を持つ秋~春先の3シーズン使えるパンツが登場

ジャッカルから防風構造を採用した新作フリースジャケットが登場