ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【プラグとワームの使い分け】JBTOP50「武田 栄喜」の南湖のワカサギパターン攻略

寄稿:武田 栄喜

どうも武田です!

北よりの風が増えてきて季節の進行を感じるここ最近は、荒れて北湖エリアでのパターンフィッシングが成立しない日が増えてきました!

 

…ということで、南湖エリアでのパターンを模索しているんですが、やっぱり南湖浚渫エリアではワカサギの表層パターンが有効みたいです!

武田 栄喜 (Haruki Takeda) プロフィール

琵琶湖でハードルアーを中心としたストロングスタイルでの釣りを追求するプロガイド。またトーナメンターとしてはオールラウンドなスタイルでトップ50シリーズで高い実績を残している。高知県出身

 

武田的 南湖のワカサギパターン

 

狙い方としては、I字系プラグを中心にボイルフィッシュを狙い撃ち!

バスの活性が高い時はソフトルアーではなく、フローティングタイプのハードルアーでリアクション気味に使用するのがいいようです!

また、風が強いタイミングなどもハードルアーは有効で、必ず浮いていてくれるフローティングタイプで、狙っているボイルスポットをネチネチとアプローチすることも可能です。

 

1 / 3
次へ