ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

琵琶湖で大当たり中のテク「バスエネミースティック4inchリバースカラーを使ったミドスト」を徹底解説

寄稿:岡田安弘

ミドスト専用ロッド「フェイズ ドリフトマスター64UL」

ちなみに私が愛用しているのがミドストスペシャルなロッド「フェイズ ドリフトマスター64UL」!
ミドスト初心者の方でもロッドが自然に操作をサポートしてくれるので、一日中楽々と、また操作の精度を高めて振り続ける事が可能です。

エバーグリーン公式「ドリフトマスター」詳細ページはこちら

以上が基本ですが、ボイル多発時にはいわゆるミドストのスローなアクションだと見切られる事も多いので、ちゅうちょなく口を使わせるためにも激しく逃げ惑うベイトを演出すべくピッチの速いロッドアクションとスピードを意識しながら狙います。

そして、チェイスはあるものの後一歩の所で食いきらない個体には、3.5gや5gくらいまで重いジグヘッドウエイトを使うこともあります。これにより、さらにスピード感を増して躊躇させずに口を使わせてしまうのです。

 

ミドスト使用タックル
ロッド:フェイズ、ドリフトマスター64UL
ライン:バスザイルマジックハードR5lb〜6lb
ルアー:バスエネミースティック4リバースカラー ジグヘッド0.9g〜1.8g

 

ミドストパターンはまだまだ継続! 時には大爆発しそうな雰囲気

現在も琵琶湖南湖の一部のエリアではワカサギの群れが確認できており、バスエネミースティックのミドストパターンはまだまだ継続しそうな雰囲気です。ワカサギの溜まり方によっては大爆発の可能性も秘めているバスエネミースティックのミドスト、その威力をぜひ味わってみてください!

 

 

関連情報

ミドストのやり方を詳しく紹介【スレ場所!スレバス!デカバスに効く釣果テッパンテク習得法】【解説=松井 大(ダイメタル)】

【攻めのミドスト】強くてデカいバスを狙い撃ちするための秘策【寄稿by中谷大智】

2 / 2
前へ