ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

新しいメソッド「ヌー引き」とは!ハイドアップ“ボンバー”の今、そしてこれからの桧原湖攻略

寄稿:ボンバー

こんにちは、HIDEUPスタッフのボンバーです。

残暑の残る桧原湖…ですが、短い夏も終わり少しずつ水中は秋へと向かってる模様です。

ボンバー(bomber) プロフィール

ハイドアップスタッフ。山形県南陽市赤湯出身、北塩原村在住。桧原湖のスモールマウスバスが好き過ぎて、2年前に裏磐梯に移住し桧原湖まで5分と言う好立地に拠点を置く。シーズン中は「ボンバー檜原湖ガイド」として、ガイドメインで活動中。

 

現在の桧原湖について

現在の桧原湖は全体的に厳しい感じです。

その理由は大増水から日々減水しているので、水も魚も落ち着かない感じで、ベイトもバスも中途半端な中層に浮いていて狙いにくいという感じです。

 

注目?の新メソッド「ヌー引き」とは

まずは直近の話から。

最近ガイドをしていると「スタッガーワイドツインテール2.2インチ」のライトキャロの新たなメソッド…その名も“ヌー引き”について聞かれる事が多いので、まずはこちらについて触れておきたいと思います。

 

スタッガーワイドツインテール2.2インチのライトキャロをキャストして、浮いてる魚をフォールでボトムまで引っ張って来るイメージは前回も書いたと思います。

【キーはシャロー&ディープ】ハイドアップ「ボンバー」の夏の桧原湖攻略

 

 

置いて食わなきゃ“ヌー”って引く

で、話はここからです。しっかりラインも馴染んだところでロッド操作でワンストローク分“ヌー”っと引きます。

なので、ヌー引き…。

大事なのはボトムスレスレをゆっくりスイミングさせる感じで、特に“ミドルレンジのウィードのトップをかすめながらのヌー引き”が一番反応が良かったです。

更にバイトがあって止めるとすぐ離すので、バイトがあってもそのままヌーっと引いてしっかりロッドに重みがのったところでフッキングします。(巻き合わせでも良し)

要するにゆっくりドラッキングするのをキャスティングでやってる感じです。

コレで伝わるかなぁ〜ヌー引き…。

魚が散らばっている場合やフラットエリアではドラッキングでヌー引きでも良いですが、ある程度エリアが絞れてるときはキャスティングのヌー引きの方が効率が良いのでこの釣り方になったと言うわけです。

少し魚が浮いてるかなぁと感じたときは是非試して見て下さい。

 

おすすめカラー“ボンバーピンク”

ボンバーピンク

で、おすすめカラーは実績十分の「ボンバーピンク」

 

新色登場!

なんですが…はい!ここでお知らせが!

スタッガーワイドシリーズに新色登場!いやぁ〜遂にこの時が来ましたよ~!

スタッガーワイドツインテール2.7インチ・3.3インチ、スタッガーワイドホグ2.7インチ・3.3インチに#069ボンバーピンクが追加されることになりました!

上記サイズのおすすめリグは…ライトキャロ、フリーリグ、ヘビキャロ、フットボールのトレーラーなどなど…これからの時期も使いドコロはたくさんあります!

登場は9月中旬予定ですのでよろしくお願いします。秋のスモール狙いに是非!

出典:YouTubeチャンネル「野外観察倶楽部 O.O.C」

1 / 3
次へ