ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【夏の釣りに迷ったらコレ:Part 2】~どんなカバーにも魔法の様にスルッと入るリグ~

前回、「Part 1」としてお伝えしたのがこちら。

【夏の釣りに迷ったらコレ:Part 1】~思わずパクっとしてしまうノーシンカーリグ~

【夏の釣りに迷ったらコレ:Part 1】~思わずパクっとしてしまうノーシンカーリグ~

夏は涼しくて、少しでも居心地のいいエリア(シェードや流れが効いている場所)にバスは居たがる。そして、そんなバスにノーシンカーが効くという話。

でも、それはノーシンカーで攻められるエリアだということが前提。

 

少しおさらいしておくと、夏のバスにとって居心地が良い場所といえば…

① 流れ(カレント)が常に効いている場所

② 日影(シェード)

③ ディープ

これは、前回のPart1でもお伝えさせてもらった通り。

前回は①と②について触れさせてもらったわけなのですが、今回は②をさらに深掘り。ノーシンカーで攻めきれないエリアや状況だとどう釣っていくのか、前回に引き続きレイドジャパンの岡さんに聞いてみました。

 

リリーパッドの下は当然シェード

日影(シェード)はオーバーハングや橋脚等によって生じますが、忘れてはならないのがウィードやヒシモ。

一年で一番高水温となる8月、フィールド一面にヒシモが生えそろっていることも多いと思いますが、多くの人が躊躇してしまうようなヒシモの下こそ「夏のパラダイス」なんだそう。

 

ヒシモ攻略で岡さんがおすすめするのが、今回紹介させてもらうリグ。

↑の動画を見てもらえれば一目瞭然ですが、少しの隙間さえあれば“スルッと”中に入っていってくれていますよね。

 

リグの正体は…「ファットウィップ5inch」を使用したテキサスリグ。

このワームを、とあるセッティングで使用すると、どんな隙間にも入っていってくれるそうな。

 

1 / 2
次へ