ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【これからがシーズン本番】ソルトクランクのキジハタ(アコウ)攻略&アフターバスに効く3パターン。

寄稿:久次米 良信

どうも、ほらほーでぇ久次米です。

前回の記事で、ソルトクランクのはじめたきっかけ等を書かせて頂きました。

その時の記事↓

【ソルトクランク×春バス】”ほらほーでぇ”久次米が考える。イマ、そしてこれからアツくなる釣りとは。

 

今回も、まずはソルトクランク、そして本業のバスの2本立て。

まずはキジハタ(アコウ)狙いのソルトクランク「越冬場からイチ早くシャローに差してくる個体を狙った釣り」について触れてみたいと思います。

 

久次米 良信(Kujime Yoshinobu) プロフィール

ニックネーム:ほらほーでぇ JBプロ所属 現役トーナメンターで仕事上プラ無し本番ぶっつけスタイル。 公式戦でも表彰台多数で、巻きの釣りからカバー撃ち、ライトリグまで幅広くこなすオールラウンダー。 「ソルトクランク」の第一人者でもある。 1979年7月生まれ 徳島県在住

 

キジハタ(アコウ)狙いのシャローの釣り

越冬場から差してくるタイミングなんですが、地元徳島県では“春”。さすがに、まだこの時期のシャローに差してくる魚は少なめ。なんですが…少なからず、本命キジハタは差してきます。

この時期の大潮、そして満潮からの下げの潮、そして満月の月夜!

これがシャローに差してくるタイミングのキーワード。

この日の為、腕が鈍くならない様にクロソイやタケノコメバル、ガシラと言ったライトロックゲームをソルトクランクで釣り続けていたといっても過言ではありません。

 

キーワードを満たす日を狙っていよいよ釣行、今年の1発目の可能性を感じる夜でした。

潮が動き出す時間を待ちながら…さぁて月夜の夜は、もちろんHU-300のほらほーでぇムーンライト!

 

自身のオリカラでもあるカラーで、やっぱり1発目は釣りたい。

そして、満潮から引き潮の動き始めで実釣スタート。 半端ない集中力でハードボトムをフィネスクランク釣法で探っていきます。

ほんとにまだ魚が入っているのか?半信半疑ではありますが…

やや張り出しの強いハードボトムに差しかかった瞬間、明確な金属的なバイト!!

即アワセで根から一気に引き放し、上がってきたのは待望のアコウ(キジハタ)。2020年、1発目のシャローそして、クランクでの魚。

 

これが、かなり体高も良い魚で、計測の結果なんと1発目から50UP。

 

ついに、キジハタクランク開幕! 数はまだ出ないですが、タイミングさえ合えばまだまだ可能性がある。

数日は同じ条件が続きますが、風などの影響でできる日は残すところ1日。

もちろん行きます。その日も満潮からの引き潮のタイミングで狙うことに。

そう簡単には時期的に難しく…、それでも丁寧にHU300でフィネスクランク釣法を行っていると、やや沖目のシモリで抑え込みのバイト!

即アワセで根から離し浮かせます。そして、上がってきたのは40cmくらいのこれまたアコウ(キジハタ)。

 

今回も見事にタイミングが合ってくれました。やはりシャローでのクランクのパワーは凄いですね。

使用ルアーはもちろん、HU-300。カラーは、バスでは春の定番クローダット。

このクローダット、自分の中ではロックフィッシュの定番カラー。数々の魚を釣らせてくれたカラーなのであります。

 

まだ今はシャローでの魚影はまだ薄いですが、梅雨時期にかけてもっとシャローに上がってくのでこれからがアツイ釣り方となるでしょう。

 

今回使用したロッドのご紹介

今回はバスの巻き物でメインにしている「MACCA HUMC-71M+」を使用しました。

 

ちなみにMACCA REDシリーズで発売されている「HUMRC-610M+」でも十分に使いやすいです。

ベイトタックルでやる場合のラインは、フロロカーボン16lb。自分はVARIVAS アブソルートシリーズの16lbを使用しています。

もう1つ使っているロッドが、スピニングのMACCA REDシリーズの「HUMRS-77M-5」。

 

ラインは、VARIVAS Max Power PE 1号、リーダーはVARIVAS SEABASS SHOCKLEADER 20lbを使用しています。

 

HUクランクにソルトカラーが!

この4月にHU-300からソルトカラーが発売されました。

左上から…カクレクマノミ、ピンクバックシャッド、甲殻類、ほらほーでぇムーンライト、カクレクマノミレッド、グルクン、イワシ、エスケープクリアチャート

ソルトカラー全8色で、どれも良いカラーで今までのバスカラーの穴埋めをしてくれる感じ。

HU-300に続いて…HU-200、HU-400にもソルトカラーが登場予定! これでソルトカラーが3種類のラインナップとなり、深さによって使い分けることもできるようになります。

その中で私のオリカラである、ほらほーでぇムーンライトのご説明。

 

まず、こちらのHU300アクション動画をご覧ください

 

遠目ではぼやけて見え、近づくとくっきりと見える。

これが、チャート部分とパールホワイト部分で明滅をつけた理由でもあります。

月夜の今年1発目のアコウを釣ったナイスなカラー「ほらほーでぇムーンライト」。ぜひお試しください!

ちなみに、このソルトクランク…何故ここまでアツくなるのか?

もちろんやってて楽しい!というのはあります。

ワームでの釣りも楽しいんです。むしろ、ハッキリいってサイズ選ばなかったらワームの方がバイトは多いと思います。

でも、クランクで釣れる魚は明らかにアベレージがデカいんです!

選んで魚を釣る事が可能になる釣り。

そこが、自分への決め手となり、楽しくずっとやり続けている釣りなんだと思います。是非これから楽しい時期、試してみてほしい釣りです。

 

フィネスクランク釣法のおさらい動画

https://youtu.be/Z_bPxxRehwY

1 / 2
次へ