ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

大江川現場ナマ情報by黒田精司【週刊ルアーニュース(9/14発売号)】

毎週金曜日に関西&東海エリアを中心に発売されている週刊ルアーニュースで連載中の「現場ナマ情報」!淀川や大江川はじめ、池原ダムや七色ダムなど人気フィールドの現状分析や今後の予想、オススメの釣り方などを各地の釣りウマアングラーがナマ解説!ルアーニュースRでその一部をご紹介!今回お届けするのは「大江川」!

大江川ってどんなトコ?

中部地方屈指のメジャーフィールド大江川。ハイプレッシャーではあるものの、ビッグワンのポテンシャルを秘めている。他の河川との合流地点やワンドなど、狙いドコロが数多く存在する。釣りをする際は遊漁券を購入する必要があるので注意(日釣券だけでなく年釣券を購入することも可能)

黒田精司(くろだ・せいじ)。大江川水系を見続け、数々のパターンや攻略法を見出してきた人物。アメモノルアーや巻きモノをこよなく愛し、的確な戦略とアプローチを武器に、あらゆる状況でも釣果に結びつける人物。

ブログ「店長の釣り日記」
http://ameblo.jp/goose-kuroda/

フェイスブック
https://www.facebook.com/people/Seiji-Kuroda/100004202976916

インスタグラム
https://www.instagram.com/seiji6115/

今週の大江川ナマ情報

みなさん,こんにちは! 今年は台風が多いですね。こうなってくるとフィールドコンディションが目まぐるしく変わるので、大江川も一気に秋めいてきます。ちょうどこの記事がでる頃には、大江川周辺の田んぼの水を抜き、稲刈りの準備がはじまります。本格的な稲刈りシーズンは10月ですね。

今週の大江川の状況は?

そこで大江川の水位も変わってきます。また周辺の水路の水もなくなってくるので、バスにも動きがでてきます。そしてこの頃から大江川河川敷の草を刈ったり、野焼きしたり、雰囲気もだいぶ変わってきます。さぁ、そこでどう釣るか?

次のページではバスの探り方と狙うべきポイントを解説!

1 / 3
次へ