ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【今のうちに覚えておきたい】“ホバスト”フックの作り方からセッティングまで!

流行りの「ホバスト」。

ホバストこと、ホバーストローリングという単語は、ホバリング(空中浮揚)とストローリング(漂わせる)を組合せた造語。

「ホバスト」は超軽いネイルリグを使ったほぼノーシンカー気味のリグを使って、中層を漂わせるようにフワフワとアクションさせバスを誘う攻めで、超軽いウエイトのリグで行うミドスト的な感じ。

なるほど。で、どんなフックを使うの? セッティング難しいんじゃないの?

というわけで、なかなか釣りに行けないアングラーのために、ホバスト対応フックも手掛けるカツイチ・デコイがYouTubeに「ホバストフックの作り方」と「セッティング方法」を公開!

興味ある人も、そうでない人も必見ですよ~。

 

ホバストフックの作り方

まず、用意するモノから。

・ホバスト対応のジグフック【JIG53F「60°Limerick-F」】or【JIG52「Limerick」

・ヤスリ

・瞬間接着剤

・ライン(ナイロンがおすすめ)

 

作り方は動画でチェック

出典:YouTubeチャンネル「DECOY / KATSUICHI CO.,LTD.」

 

ほうほう。そのままだとズレることがあるので、キーパーを装着してワームのズレを防ぐというわけですね!

ショートバイトやギルバイトが多い時なんか特にズレそう。手返しも悪くなっちゃいますね。 現場でもできますが、これは外出しづらい今のタイミングで、家で準備しておくと良さげ。

 

で、フックができたら…

ホバストのフックセッティング

こちらもまずは用意するモノから。

・さっき作ったフック
(未チューニングのホバスト対応のジグフック【JIG53F「60°Limerick-F」】or【JIG52「Limerick」】でも可)

・お好みのワーム

 

セッティングの仕方は動画でチェック

出典:YouTubeチャンネル「DECOY / KATSUICHI CO.,LTD.」

 

おー!縫い刺しにするのか! 知らなかった!

縫い刺しにすることで、さらにズレにくくなるみたい。 キーパーを作るのが手間だなぁ、なんて方は覚えておくといいかもですね。

セッティングは慣れてないと少しコツがいりそうなので、これも家で練習しとくといいかも。

…フックの作り方、セッティングの仕方もわかった。でもフックがないと、どうしようもない!

はい、まとめておきます。

最後に動画内に出てくるフックを改めてご紹介

・JIG53F「60°Limerick-F」

カツイチ・デコイ公式【JIG53F「60°Limerick-F」】詳細ページはこちら

SIZE QTY
#3 9
#2 9

 

・JIG52「Limerick」

カツイチ・デコイ公式【JIG52「Limerick」】詳細ページはこちら

SIZE QTY
#3 9
#2 9

それぞれ4月に登場したばかりのNEWアイテムで、希望小売価格は各¥300とのこと。

 

さぁ、これで後は釣りに行くだけ。ホント、早い終息を願うばかり。

 

デコイ / カツイチ(DECOY / KATSUICHI ) プロフィール

播州毛針の発祥地ともいえる兵庫県西脇市蒲江町を拠点とする老舗フックメーカー(大正9年3月創業、昭和59年1月5日設立)。総合ルアーブランド「DECOY(デコイ)」など数多くの人気ブランドを展開