ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【まんまカニ】ジャッカル新作チニングアイテム「カニクライマー」を”一宮 安幸”が解説!

連載:ジャッカルソルト
寄稿:一宮 安幸

皆さんこんにちは!大分の一宮です。

今回は、前回の記事でご紹介したジャッカルの新作「チヌヘッド」をガッツリめにご紹介したいと思います!

一宮 安幸 (Yasuyuki Ichimiya) プロフィール

大分県をホームグラウンドに、旬なSWターゲットを求めて日夜、釣り歩き中! アジ、メバル、カマス、シーバス、カサゴ、グルーパー、アオリイカなどなど、身近なターゲットの釣りが大好き!

 

前回の記事はこちら

【中毒性アリ】意外なゲストも登場!?一宮安幸が厳冬期のチニングゲームを超解説

 

 

「カニクライマー」なるルアー

まずこの新作のチヌヘッドの名称ですが、『カニクライマー』となりました。

 

最大の特長はリアルなヘッド部分

このカニクライマー。 最大の特長はヘッド部分なんですが、その名の通りチヌがよく捕食する蟹をリアルに模しています。

 

カラーバリエーションも蟹のリアルプリントをしているので、まさに蟹そのものといった具合。

そして、ボディのお腹側の部分に重りが内蔵されており、着底するとフックポイントが上に向く様に設計されているので、チヌのついばむ様なバイトにもしっかりと対応してくれます。

 

さらに、このヘッドにはもう一つの特徴が。それは優れたスタック回避能力を持っているということ!

通常バレットシンカーを使用するチニングでは岩と岩の隙間に入り込んでしまいスタックしてしまうことがあります。 しかし、カニクライマーのボディの頭の部分ですが、平たく設計されているのでそもそも隙間に入り込まない様になっています。

これでスタックが多発するチニングでも、よりストレスフリーにチニングができます。

 

フックポイントにもギミックが

続いては、カニクライマーのフックポイントをご紹介。

タイラバの様に遊動式になっており、ショートバイトにもしっかり対応しつつ、ファイト中にもチヌの暴れる際にフリーになるのでバラシの軽減にも繋がります。

 

そしてビンビン玉で使用されているバックファイヤーキャップを搭載しています。 なので自分好みのラバーやネクタイにカスタマイズする事ができます。

ネクタイもビンビン玉と同じくT+ラバー(エビの味、匂い配合)を使用しているのでトレーラーなしでも十分釣果が得られます!

これからから乗っ込みシーズンも始まり、そして梅雨入り前にハイシーズンを迎えるチニング。是非楽しいチニングに挑戦してみてくださいね。

 

WEB連載「ジャッカルソルト」!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックいただければ幸いです!

WEB連載「ジャッカルソルト」=個性ありすぎなジャッカルのSWゲームのプロスタッフ達(田中亜衣・吉岡進・杉山代悟・一宮安幸)によるWEB連載(毎週土曜配信)! 旬なフィールド情報・新テク・NEWアイテム情報マンサイ!タイラバ、アジング、メバリング、ロックフィッシュ、チヌゲーム、ジギングほかSW各ジャンルのタイムリーなネタをお届けっ!