ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

奥田学のシグナルから2020年に登場予定の対デカバス新作ルアーを全紹介【ロボ奥田が本気】

ビッグベイターやスイムベイト好き、羽根モノ好き、デカバス狩り好きのみなさんへお届けしたい最新ニュースがあります!

それはロボ奥田さんがシグナルから2020年に登場させる予定となっているアイテムたちです!

奥田 学(Manabu Okuda) プロフィール

稀代のデカバス師として知られるアングラー、マシーンのようにデカバスを追い詰め捕獲していくことからロボ奥田の愛称が生まれた。 ビッグベイトやスイムベイトというストロングな釣りから、ジグヘッドスイミングなど繊細な釣りもこなすテクニシャン。バシバシシェイク、ボトコンなどの独自テクを発表、自身のノウハウを詰め込んだルアーをシグナルやBTシリーズなどから登場させている。

山盛りNEWアイテムを奥田さんに見せていただいたので、それらをまとめてご紹介!

 

さっそく1つ1つご紹介していきます!

 

KOBUSHI(コブシ)

3inch 8g

奥田さんに色々NEWアイテムの話をお伺いしたんですが、記者的に奥田さんが一番リキが入って解説してくれたのがコレだった気がします。

奥田さん的にはこの、コブシはとにかく食わせ力がハンパないとのこと。

琵琶湖や川のオカッパリなどで、見えデカバスに対して何を投げてもダメだったのに、このコブシを投げると、それまでの反応がウソのようにバイトしてきたそうな。

サイズ感や雰囲気が超リアルなカニなのに加えて、やっぱりアクションに秘密があるそうな!

 

MAMBA(マンバ)

4.5inch 19g

元々、イカ系好き、イカ系づかいの奥田さんが本気で作ったイカ系がこれ! かなり重くて超ブッ飛び系です。

ヘッドのスカートの長さが違うのと、ボディ最後尾についている2つのヒゲに釣れる理由が凝縮されているそうな!

1 / 5
次へ