ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ZPIのリール「アルカンセ」と「アルカンセRG-C」の使い分け

2019年も間もなく幕を閉じようとしています。

今年、ひとつニュースとなったのがZPI。

 

カスタムチューンメーカーであったZPIが総合釣具メーカーとして生まれ変わり、バスロッド、リール、フック、偏光サングラスなどを発表していきました。

2019年は…

まず、アルカンセリールが気になる!的な記事を配信しました。

ZPIのアルカンセが気になる!

で、触ってみたり。

【生イジりMovie】ZPIのベイトリール「アルカンセ」

アルカンセリールを触った2019年のはじめ

偏光「エアエピック」や「EZオフセット」もイジりました。

ZPIの高性能偏光グラス「AIR EPIC」

エアエピックではズレにくさを表現するために竹〇さんがメッチャ頭を振ってくれたなぁ。

【分かりやすい&扱いやすい】ZPIのEZオフセット

そうこうしていたら、アルカンセリールのランガンカスタム「アルカンセRG-C」が発表されたり。

【ZPIの新リール】ショートキャスト超特化型の「アルカンセRG-C」

かなり初速のあるZPI元年だったといえます。

 

アルカンセとアルカンセRG-Cの使い分け

さて、前置きが長くなってしまいましたが、今回はリール「アルカンセ」と「アルカンセRG-C」の大まかな使い分け的な部分を村川勇介さんが解説している動画をご紹介。

出典:ZPI

出典:YouTubeチャンネル「ZPI JAPAN」

バーサタイルなアルカンセとショートアプローチ特化型のアルカンセRG-C。

村川さんが、使い分けにおける大枠でのルアーウェイト基準などを解説してくれているのでご覧あれ!