ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

俺達。秦拓馬ドトウの2019年を振り返る【淀川ロクマル・マーレイコッド・グレアマ・怪魚ほか】

連載:秦拓馬の俺達。通信

俺達。です!

えぇー、2019年も間もなく終わりますね! 連載「俺達。通信」も2019年最後! あっという間の1年でしたね。

怒涛の1年を振り返ると、今まで以上に色んな釣りに挑戦して、多くの釣り場にも行けたし、世界中に釣り友の輪が広がってるし、釣り人として最高の1年でした!

特に念願のアマゾン釣行は、トーナメントが主な目的だったこともあり、バスフィッシング技術の総決算的な釣りになったわけですが、毎年トライして、さらに奥の深い世界を味わってみたいと思った釣行でした。

ただ、1つ心残りがあるとするならば…。

今年の目標として「マーレイコッド」&「GT」を釣る、というのがあったんですが…。
GTに関しては不完全燃焼で終わってしまったので来年の目標として狙って行きたいと思います!

今年もたくさんの応援をいただき、ありがとうございました!!

 

というわけで、俺達。的2019年のメモリアルフィッシュを写真で振り返ってみます!

秦 拓馬(Hata Takuma) プロフィール

日本のみならず世界のフィールドをトコロ狭しと走り続ける、ご存知「ダウザー俺達。」近年はYoutuberとしても大活躍中! 

 

今年の思い出フィッシュ。バスは間違いなくコレ。淀川自己記録の61.5cm

【秦拓馬の俺達。通信】オーストラリアから帰還後、絶好調な淀川に通いつつ韓国へ!

 

 

釣ってみたかったピララーラ。まさかの40キロ級

【秦拓馬の俺達。通信】世界大会グレアマの練習でタイへ!目的は巨大魚巨大魚たちを相手にタックル、自分が壊れないのか?を試すこと

 

 

念願のマーレイコッド。5月のオーストラリア釣行で!

【秦拓馬の俺達。通信】世界大会グレアマの前にオーストラリアのこれまた超デカ規模で開催されるトーナメント「ゴーフィッシュ・ナガンビー」に参戦してきた!

 

 

アマゾンで一番嬉しかった魚。ピラルクー。活蝉で釣れるとは…。

 

俺達。「秦拓馬」怒涛のグレアマ振り返り&居残りチャレンジ!そしてアマゾンから帰国後は?【秦拓馬の俺達。通信】

グレートアマゾンフィッシングラリー(略称グレアマ)(Great Amazon World Fishing Rally)

「大自然アマゾンのサステナビリティの訴求」「究極のエンターテインメントスポーツの開発」「未来に向けた人間社会の発展への寄与」3つのグランドコンセプトをかかげた、世界初のフィッシングラリー。 世界各地から名乗りをあげたプロアングラーが、ブラジルの大アマゾンで初代「アマゾンフィッシングマスター」の称号をかけて挑む、「人類 VS プレデター」のファーストバトル。それが Great Amazon World Fishing Rally(通称:グレートアマゾンラリー)。 開催期日 : 2019年 6月20~27日、開催場所 : ブラジル ゴイアス州、主催 : 一般社団法人Great Amazon Fishing Rally Association、共催 : Amazon Touch ltd、後援 : ブラジル ゴイアス州 協賛/協力 : Shinko Always Co., EcNA Inc., JET Inc., Empresa Keiryu, KITAYAMATOKAN-EN CO.,LTD.

 

 

タナボタ的チャンスを確実にモノにしてサラトガ! 最高!

 

1 / 2
次へ