ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

山田ヒロヒトが超解説!間違いないエギングロッドの選び方【エメラルダスSTOISTシリーズの中で冬エギングでのオススメのモデルは?】

連載:山田ヒロヒト「ヤマラッピワールド」
寄稿:山田ヒロヒト
エギング&イカメタル特集

山田ヒロヒト (hirohito yamada) プロフィール

バックドリフト、ノーテンションソフトフォールなど、新たなエギングの扉を開き続けるエギンガー。2016年年末に、それまで23年勤めた会社を退社、2017年よりフルタイムのプロアングラーとしての活動を開始。これまで通りエギング関連アイテムの開発を続けるほか、イカ係長とフィッシングブランド「NUTS & VOLTZ」を立ち上げるなど、活躍の場を広げている。なおアオリイカの自己記録は屋久島ロケ中に捕獲した4280g。1968 年7月生まれ、大阪府出身、奈良県在住。趣味はスノボと一眼レフカメラ撮影。

みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

日に日に寒さが増していってますよね。

私は寒いのが苦手なんですが、エギングの方はというと…。
月夜の夜に釣果が上がりマクり! 元気満々の捕食系良型アオリが連発しています!

そんなアツい状況なので、本気で毎日、現場で釣りをしたいと思っているのですが、師走ということもあって、やること多く、さすがに毎日釣りに! というワケにはいかず、現実と戦っております(涙)。

さて、今回の連載「ヤマラッピワールド」ネタですが…。

NEWタックルの開発状況をご報告するのもアリ⁉ かと思ったのですが…。

よりタイムリーなネタがイイ!! と思い、今からの時期の「冬エギング」での、私なりのロッドセレクトについてお話しすることにしました。

で、せっかくの機会なので、普段なかなか、伝えきれていないネタも紹介できればと、カタログや公式サイトにも書いていないロッドにまつわることも、お伝えできればと思います。

 

さて、まず私が冬に使用しているロッドですが、もちろん、全て私が監修・手掛けているダイワのフラッグシップ・エギングロッドシリーズ「エメラルダスSTOIST (ストイスト) シリーズ」です。

現在アウトガイドモデル10本、インターラインモデル5本という全15本のラインナップがあります。

エメラルダス STOIST AGS
アイテム 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
エギサイズ
(号)
適合ライン
(号)
本体価格 円
72H-MT 2.18 2 113 115 0.7/10.9 50-160 0.6-1.5 75800
76M-SMTT 2.29 2 118 99 1.6(1.5)/8.9 2.5-4.0 0.4-1.0 75800
76MMH-SMT 2.29 2 118 105 0.9(0.8)/10.4 3.0-4.5 0.5-1.2 75800
80LM-SMT 2.44 2 126 99 0.6/10.4 2.5-4.0 0.4-1.0 75800
82MHH 2.49 2 129 113 -/1.5/12.4 3.0~4.5 0.5~1.2 72000
84M 2.54 2 131 105 1.4(1.3)/10.4 2.5-4.0 0.4-1.0 69300
88LM-S 2.64 2 136 107 0.8(0.7)/10.9 2.5-4.0 0.4-1.0 71300
89M 2.67 2 138 110 -/1.3/11.4 2.5~4.0 0.4~1.0 72000
90ULL-S 2.74 2 141 108 0.8(0.7)/10.9 1.8-3.0 0.4-1.0 71300
108MLM 3.25 2 167 137 1.3(1.2)/12.9 1.8-3.5 0.4-1.0 73300

 

 

エメラルダス STOIST AGS IL (インターラインモデル)
アイテム 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先内径/先径/元径
(mm)
エギサイズ
(号)
適合ライン
(号)
本体価格 円
IL76M 2.29 2 119 104 1.3/2.0(1.9)/9.4 2.5-4.0 0.4-1.0 62800
IL79MMH 2.36 2 123 106 1.3/1.9/10.9 3.0~4.5 0.5~1.2 64800
IL83M 2.51 2 130 109 1.3/1.9(1.9)/10.9 2.5-4.0 0.4-1.0 64800
IL89LML 2.67 2 138 109 1.3/2.0(1.9)/10.9 1.8-3.5 0.4-1.0 66800
IL99LML 2.97 2 155 119 2.0(1.9)/11.4 1.8-3.5 0.4-1.0 71300

 

 

 

冬エギングに多用するロッドはトルクフルなこの2本
メラルダス STOIST AGS 76MMH-SMTと同IL 79MMH

豊富なラインナップ(全15本)がある中で、私が冬エギングで多用しているロッドとして、まず挙げたいのが以下の2本。

アイテム 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
エギサイズ
(号)
適合ライン
(号)
本体価格 円
76MMH-SMT 2.29 2 118 105 0.9(0.8)/10.4 3.0-4.5 0.5-1.2 75800

STOIST  76MMH-SMT詳細はこちら

 

 

アイテム 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先内径/先径/元径
(mm)
エギサイズ
(号)
適合ライン
(号)
本体価格 円
IL79MMH 2.36 2 123 106 1.3/1.9/10.9 3.0~4.5 0.5~1.2 64800

STOIST AGS IL 79MMH詳細はこちら

 

ナゼ冬にこの2本を愛用しているのか? ですが、実は冬の時期に思い切り活躍してくれるエギ「エメラルダス・ステイ」が非常に扱いやすいロッドだからなんです。

冬のアオリは、少し深場にポジションを取り、捕食のために夜な夜な接岸するという行動を取る個体が多いんです。

そんな冬アオリに対しては、秋に有効なダート系のエギではなく、水中での存在感と生き物のようなライブリーロールアクション、そして水押しの強い動きをみせるエギが、より効果的。

そうなってくると出番が多くなるのが「エメラルダス・ステイ」というわけ。

ダイワ公式エメラルダスステイ詳細ページはこちら

ダイワ公式エメラルダスステイRV詳細ページはこちら

 

そして前記したこの二本(STOIST AGS 76MMH-SMTと STOIST AGS IL 79MMH)は、そんなステイを扱う上で、重要なトルクフルで頼もしいロッドなんです。

 

 

エメラルダス ステイ超解説!デカイカを呼び寄せる秘密とは?【山田ヒロヒト連載「ヤマラッピワールド第3回」】

1 / 3
次へ