ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ロッドのガイド基礎講座!【フレームやリングの種類などロッドを選ぶ時に役立つ豆知識】

いよいよ令和元年の年末が近づいてきましたねー。

年が明けると横浜の釣りフェスティバル2020を皮切りに、大阪のフィッシングショーOSAKA2020、九州の西日本釣り博2020、中部のキープキャスト2020と各所でフィッシングショーが目白押し。

今年もたくさんのブランドから新しいリールやロッドがリリースされるでしょう。ワクワク。

 

で、記者的に気になるのが、やっぱりロッドの話。

NEWロッドのスペックをじっくり見ていくと…

「このロッドにはSiCが、こっちにはトルザイトが…」とか。

「このスペックでSiCなら買いだな!」とか、必ずといっていいほど、話題になるのがガイドの話!

 

つまり、ガイドって、ロッドを選ぶ時にかなり重要なパーツになっているんですよね!

というわけで、今回はフィッシングショーまでにここだけは押さえておきたいFUJIのガイドのお話をしてみたいと思います。

 

ガイドについて

短いロッドでも、超遠投、超深場、超大物などの釣りを可能にしたのが、ガイドの機能です。もしガイドがなければ、とてつもなく長いロッドが必要であり、実質、釣りは不可能となります。

釣りにおいてガイドに求められる性能は…

出典:富士工業株式会社公式ホームページ

 

ロッド(ブランク)の能力を生かす
ロッド本来の調子やパワーを損ねないこと

リールの能力を生かす
ラインの出し入れをスムーズにすること

ラインの能力を生かす
スベりを良くし、ラインを傷つけないこと

そんな要求に応えるべく、大物狙いや、ライトゲームなど、釣りモノに合わせてガイドの高さ、長さ、大きさ、形、軽さ、材質、構造、数や位置を追求して作られているのがFUJIのガイドなんです。

1 / 4
次へ