ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

レイズスペクトラも2020年にNEWモデルが!!

天龍からリリースされているネイティブを意識したトラウトロッド「Rayz(レイズ)」が、2020年にリニューアルされることはお伝えしました。

出典:天龍

NEWレイズは、「誰もが究極に使いやすい」といった点に注力したロッドといえます。

そしてRayzにはさまざまなラインナップがあるのですが、同じく2020年に「レイズスペクトラ」に3機種が追加されるそうです。

出典:天龍

レイズスペクトラは、エキスパート仕様。レイズとは異なる味付けのハイエンドモデルとなっています。

追加される3機種は…

出典:天龍スタッフブログ

RZS61LL
RZS77MHH
RZS51LL-BC

とのこと。シリーズ最高峰のレイズスペクトラがどんな進化を遂げてリリースされるのか、続報が気になりますね!

■Rayz関連記事

2020年発売・天龍のNEWレイズのスペックが明らかに

NEWレイズのPVが配信されていますよ

【トラウトファン必見】天龍のRayz(レイズ)がフルモデルチェンジ

天龍(テンリュウ)(てんりゅう)

1961年、六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立。1990年、株式会社 天龍に社名変更及び改組。創業当時、六角竹竿で一世を風靡し、1970年には日本初となるバスロッドを自社ブランドで発売。以降、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みしたアイテムを輩出している。ソルトウォーターでは超軽量&高感度のSWライトゲームロッド「ルナキア」、ライトジギングでは「ホライゾン」が有名なほか、バス、トラウト、エリアフィッシング、さらにはテンカラなど、非常に幅広いジャンルでこだわりの強いロッドを生み出している。