ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

2020年発売・天龍のNEWレイズのスペックが明らかに

天龍のRayz(レイズ)がブラッシュアップされて2020年春に発売予定となっていることは、ルアーニュースRでもお伝えしました。

そのNEWレイズのスペックが、天龍公式webサイトで公開となりましたよ!

出典:天龍

レイズはこれまで4シリーズがリリースされています。

レイズ、レイズスペクトラ、レイズインテグラルのネイチャーゲームロッド3シリーズとエリアゲーム用のレイズオルタです。

来春ブラッシュアップされて登場となるのは、レイズ。つまりオリジナルのシリーズです。

出典:Youtube 天龍釣具事業部

誰にでも扱いやすい

出典:天龍

NEWレイズは、前作の「細身」「軽量」「張りのある本調子」という思想は受け継ぎながら、「誰にでも扱いやすい」アクションや長さ、硬さを追い求めたとのことです。

ハイフット&小口径ガイド

細かなところを見ていくと、前作よりハイフットなガイドを採用しています。

出典:天龍 スピニングモデルのチタンフレームSiC-S Kガイド

足高のSiC-SリングのKガイドはライン放出をスムーズにしつつ、リング径を小さくすることで余計な放出は抑える設計になっています。

モノフィラ、PEどちらにも対応。

出典:天龍 ベイトモデルのチタンフレームSiC-S Kガイド

所有感を満たす

グリップには天然ウッド素材と西陣織カーボンパイプを採用。

天然ウッド素材。それはつまり、木目などで同じモノはなく、所有感が満たされますよね。

出典:天龍 オリジナルグリップ、スピニング

出典:天龍 オリジナルグリップ、ベイト 

これにチラリと見える西陣織のカーボンパイプ。天龍×西陣織、NEWレイズにもあります!

出典:天龍

また、グリップエンドには滑り止めと傷防止を兼ねたエンドパーツが備え付けられています。

出典:天龍

Pride of japan。日本クオリティ!

8機種展開

NEWレイズはスピニング5機種、ベイト3機種の8機種展開。前作のスペックと見比べてみると、前作と同じレングスの機種がありません。

出典:天龍

このあたりが、誰にでも扱いやすいNEWレイズなのでしょう。取り回しに優れた長さや遠投性を求めた長さなど、パワーも含めてですが、機種ごとにさらに扱いやすさを求めたんだろうなぁというのが、おぼろげながら見えてきます。

機種 タイプ 全長

m [ft]

継数 アクション 仕舞寸法(cm) ルアーウェイト(g) ライン(lb) PE(号) 自重(g) 価格
RZ4102S-U S 1.47[4’10”] 2 R 76 MAX6 MAX4 MAX0.6 73 ¥39,500
RZ542S-L S 1.63[5’4″] 2 R 84 MAX8 MAX6 MAX0.6 78 ¥42,000
RZ632S-L S 1.90[6’3″] 2 R 98 MAX8 MAX6 MAX0.6 91 ¥44,000
RZ6102S-LML S 2.08[6’10”] 2 R 107 MAX12 MAX6 MAX0.6 104 ¥45,000
RZ772S-ML S 2.31[7’7″] 2 R 118 MAX18 MAX8 MAX0.8 116 ¥49,000
RZ4102B-UL B 1.47[4’10”] 2 R 76 MAX6 MAX4 MAX0.6 82 ¥47,000
RZ542B-L B 1.63[5’4″] 2 R 84 MAX8 MAX6 MAX0.6 87 ¥47,500
RZ712B-MLM B 2.16[7’1″] 2 R 111 MAX20 MAX10 MAX0.8 122 ¥54,000

最後に、ごく簡単に各機種の特徴をまとめてみます。

詳しい機種ごとの製品紹介は公式ページへぜひ!
天龍公式レイズ詳細ページは→コチラ

機種ごとの一言まとめ

RZ4102S-UL(Twitchin’)
シリーズ最も短いレングス。小渓流でワンハンドキャストをピンスポットになんて時に間違いなし。

RZ542S-L(Jerkin’)
かなり幅広いルアーに対応するので、渓流域でマルチに活躍する汎用性の高い1本。

RZ632S-L(Jerkin’)
RZ542S-Lと同じく1本で扱えるルアーの幅が広く、かつ少し強めのブランクなので中流域までカバー。

RZ6102S-LML (Super Yamame)
スーパーヤマメの名の通り、攻略難度の高いヤマメをモノにするフィネスモデル。軽いルアーを遠投でき、かつ操作性に優れた機種。

RZ772S-ML (Variable Shooter)
スッと投げて安定の飛距離を出せる機種で、なかなかアタらない本流の釣り、湖で性能を発揮します。

RZ4102B-UL (Twitchin)
こちらは4102S-ULと同じブランクを使用したベイトモデル。

RZ542B-L (Jerkin)
RZ542S-Lのベイトモデル。コンセプトも同様に、渓流域全般で使いやすいオールラウンダー。

RZ712B-MLM (Variable-Hounder)
中流・本流・湖の大物狙いにも対応。でありながら軽いルアーへの対応と、ピンスポットへのキャスト性能も向上した機種。

 

今後も発売を待ちながら、情報をチェックしてみてください!

天龍(テンリュウ)(てんりゅう)

1961年、六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立。1990年、株式会社 天龍に社名変更及び改組。創業当時、六角竹竿で一世を風靡し、1970年には日本初となるバスロッドを自社ブランドで発売。以降、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みしたアイテムを輩出している。ソルトウォーターでは超軽量&高感度のSWライトゲームロッド「ルナキア」、ライトジギングでは「ホライゾン」が有名なほか、バス、トラウト、エリアフィッシング、さらにはテンカラなど、非常に幅広いジャンルでこだわりの強いロッドを生み出している。