ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

GoPro HERO8 Black【発売直前の現場使用レビュー】やっぱりスゴかった!欲しくなる!まさかの新機能をご紹介!

先日ダイワのフィールドスタッフ中山さんと取材に行ってきました!

中山 聡(Satoshi Nakayama) プロフィール

徳島の山奥で育ち、幼い頃から川釣りに親しむ。15歳からバス釣りにのめり込み、20代前半はバスプロとして活躍。20代後半から、ショア&オフショアのルアーフィッシング、磯釣り、船釣りなど、海釣­り全般にハマる。 西日本を中心に、チヌのルアーポイント開拓に余念がない。得意なスタイルはシステマチックな釣り、速い釣り、リアクションの釣り。1979年生まれ。徳島県出身、徳島県在住。趣味は料理とカメラ。ダイワフィールドスタッフ。「釣りをシステマチックに!!」が中山聡の口グセ

プライベートではキャンプも好きという中山さん。
普段から釣り場にジェットボイルを持ち込んだり、テントを持ち込んだりと、ギア系の小物が充実していて、カッコいい釣りのスタイルで楽しまれているのですが…

実は! 「GoProアスリート」という肩書きも持っており、取材時には話題の「GoPro HERO8 Black」をお持ちだったんです。

カヤックフィッシングの撮影時などにも使用されているそうです!

そこで、前モデルの「7」とどう変わったのか、ぶっちゃけどうなのか…などなど、気になったことをいろいろ聞いてきましたよ~

 

GoPro HERO8 Black

 

まずは見た目について

筆者が、個人的に見た目で「大きく変わったな」という印象を受けたのは…

全体にスッキリした印象になったのと、前面にマイクが付いている点、ビルトインマウントに対応する折りたたみ式フィンガーが付いている点。

全体にスッキリしたのはレンズが薄くなったから!
とはいえ、耐衝撃性は従来のモデルの2倍! すごいですよね!

で、前面にマイクが付いたことにより、自撮りのときも音声をより鮮明に拾えるようになったそう。

折りたたみ式フィンガーが付いているので、素早くマウントを交換できるのも嬉しい新機能!

 

そして、向かって左側を開け締めできるようになったということ!

開けるとUSB Type-C端子が装備。

さらにモジュラーアクセサリを装着すればHDMI端子が使用可になり、フリップディスプレイに繋げば自分のアクティビティを確認しながらの撮影が可能に!

ご自身でもYoutubeチャンネルを持つ中山さんいわく、Youtuberの方に嬉しい機能ではないかとのことでしたよ!

 

続いては…いよいよ気になる新機能についてのご紹介!
1 / 2
次へ