ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ホライゾンLJの機種】選び方が分からない時の参考にどうぞ!

天龍のライトジギングロッド「ホライゾンLJ」

LJとは、ライトジギングを意味し、ライトジギングはもちろんですが、近年大人気のスーパーライトジギング(以下、SLJ)対応ロッド、さらにはいわゆるネギング対応ロッドまで揃います。

出典:天龍

そんなホライゾンLJは、現在8機種がラインナップされています。

今回は、どの機種を選べばよいのか…といったライトジギング初心者(もしくはホライゾンLJビギナー??)の声にお応えしまして、大枠での選び方を簡単に紹介できればと思っております。

細かなスペックというよりは、どの竿がどんな釣りに向くのかといった指標みたいなイメージで。

間違いなく高性能なロッドですので、皆様がしたい釣りに合わせて選んでいただければ幸いです!

出典:天龍

【天龍公式 製品詳細ページは→コチラ

ジグウェイトMAX200gの2機種

対応ジグのMAXが200gのスピニングとベイトが1機種ずつ。

ベイト「HLJ611B-FM」とスピニング「HLJ611S-FM」です。どちらもMAXは200gですが扱いやすいのは150g前後。

ライトジギングの中でもややヘビー寄りといいましょうか、大型回遊魚系やディープ、深場といったタフな状況でもパワフルに操作できるモデルといえます。

HLJ611S-FM

 

theライトジギングって釣りにはこの2機種

近海ライトジギングにマッチするのは、HLJ621B-FMLとHLJ631B-FL。

621B-FMLは100g前後のジグが扱いやすく(MAX150g)、631B-FLは80g前後が最も得意(MAX120g)。

例えばタチウオのライトジギングなんかだとこの2機種はかなりオススメ。

HLJ621B-FML

SLJにはスピニング2機種&ベイト1機種

SLJにマッチするのは3機種。

ベイトロッドはHLJ641B-FLL。こちらは60gほどのジグが最も扱いやすい機種(MAX100g)。

そして、同様の条件で扱いやすいスピニングモデルが、2019年のNEWモデルでもあるHLJ631S-FLL。

さらに軽量な40g前後のジグを使うSLJとなれば、スピニングロッドのHLJ641S-FULの出番となります。

HLJ641B-FLL

HLJ641S-FUL

ネギング対応モデル!

大型根魚がヒットしてくるエリアで、かつライトラインで狙うといったネギングにも対応するのがHLJ621S-FML。

水深100m前後、100gからマックス150g前後のジグで限界ギリギリのファイトを制する機種。

ネギング対応モデルも2019のNEW! 動画も参考にどうぞ!

まとめると…

重めのジグ&パワー系ライトジギングには
○HLJ611B-FM(ベイト)
○HLJ611S-FM(スピニング)

ライトジギングの王道には
○HLJ621B-FML(ベイト)
○HLJ631B-FL(ベイト)

SLJには
○HLJ641B-FLL(ベイト)
○HLJ631S-FLL(スピニング)
○HLJ641S-FUL(スピニング)

ネギングには
○HLJ621S-FML(スピニング)

といったところで、どうでしょうか! どれが、どんな機種だっけ?と迷った時は、またココにおいでください(笑)。

モデル タイプ アクション LENGTH(m[ft]) ルアーウェイト(g) PE(号) ドラグMAX(kg) 価格
HLJ611B-FM ベイト R 1.86[6’1″] MAX200/BEST150 0.8-1.5 3 ¥36,500
HLJ621B-FML ベイト R 1.88[6’2″] MAX150/BEST100 0.8-1.5 3 ¥36,500
HLJ631B-FL ベイト R 1.90[6’3″] MAX120/BEST80 0.6-1.2 2 ¥36,000
HLJ641B-FLL ベイト RS 1.93[6’4″] MAX100/BEST60 0.6-1.2 2 ¥35,500
HLJ611S-FM スピニング R 1.86[6’1″] MAX200/BEST150 0.8-1.5 3 ¥33,000
HLJ621S-FML スピニング R 1.88[6’2″] MAX150/BEST100 0.8-1.5 3 ¥33,000
HLJ631S-FLL スピニング RS 1.90[6’3″] MAX100/BEST60 0.6-1.2 2 ¥33,000
HLJ641S-FUL スピニング RS 1.93[6’4″] MAX80/BEST40 0.6-1.2 2 ¥33,000

※アクション…先調子/EXF=エクストラファースト、F=ファースト、RF=レギュラーファースト、R=レギュラー、RS=レギュラースロー 胴調子/S=スロー

ホライゾンLJ関連記事は以下に

さらに進化したテンリュウのライトジギングロッド「ホライゾンLJ」

SLJ・スーパーライトジギングにオススメのホライゾンLJ

【ネギング対応NEWモデル】テンリュウ・ホライゾンLJ621S-FML誕生秘話Part.1【寄稿by舟木雄一】

【ネギング対応NEWモデル】テンリュウ・ホライゾンLJ621S-FML誕生秘話Part.2【寄稿by舟木雄一】

天龍(テンリュウ)(てんりゅう)

1961年、六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立。1990年、株式会社 天龍に社名変更及び改組。創業当時、六角竹竿で一世を風靡し、1970年には日本初となるバスロッドを自社ブランドで発売。以降、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みしたアイテムを輩出している。ソルトウォーターでは超軽量&高感度のSWライトゲームロッド「ルナキア」、ライトジギングでは「ホライゾン」が有名なほか、バス、トラウト、エリアフィッシング、さらにはテンカラなど、非常に幅広いジャンルでこだわりの強いロッドを生み出している。