ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

SLJ・スーパーライトジギングにオススメのホライゾンLJ

天龍のホライゾンLJの中から、スーパーライトジギングにオススメの3機種をご紹介します!

出典:テンリュウ

スピニングモデル631S-FLL&641S-FUL

スピニングロッドのHLJ631S-FLLは、近海の比較的浅場でのスーパーライトジギングを気持ちよく行えるロッド。

水深は50m前後まで、60g前後のジグが扱いやすいモデル。後でご紹介します、ベイトロッドHLJ641B-FLLの「スピニング版も欲しい」という多くの声から生まれたモデルでもあります。

もうワンランクダウンパワーのHLJ641S-FULは40g前後のジグが扱いやすいモデルとなっています。

出典:テンリュウ

スピニングということで、やはりキャストして広範囲を探れる、斜め引きでのアピールが効くって時にはもってこい!

繊細なティップながらC・N・Tコンポジットで非常に粘りのある、ファイトも安心なロッドとなっています。

631S-FLLのグリップ

グリップもキャストしやすい長さでまとめられているのもポイント!

出典:Youtube 天龍 釣具事業部

ベイトロッド 641B-FLL

ベイトのHLJ641B-FLLも60g前後のジグがベストなロッドで、水深80m前後までを得意とします。

出典:テンリュウ

こちらはスーパーライトとライトジギングの間といったところもカバーできるロッドで、タチウオなどにも!

スーパーライトにおいては、漁礁周りをピンで攻めたり、あるいは意図的にフォールを織り交ぜる(例えばジャークからクラッチを切ってフォールなど)時などに、やはりベイトリールの便利さが活きてくることもあるでしょう!

出典:テンリュウ

C・N・Tコンポジット、マグナフレックス(グラスフレックス)採用と、スムーズに曲がり込んで、見た目以上にかなり無理が利くロッドでもあるので、不意の大物にも安心です!

出典:テンリュウ

■関連記事

【ネギング対応NEWモデル】テンリュウ・ホライゾンLJ621S-FML誕生秘話Part.1【寄稿by舟木雄一】

【ネギング対応NEWモデル】テンリュウ・ホライゾンLJ621S-FML誕生秘話Part.2【寄稿by舟木雄一】

【ムービー解説】テンリュウ・ホライゾンLJの追加機種を紹介!スーパーライトジギング、そして「ネギング」にベストな2機種