ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

鯛ラバのエキスパート庄山英伸がハヤブサのNEWフリースライドSFとWFを徹底解説!

庄山 英伸(Hidenobu Syouyama) プロフィール

タイラバのエキスパートと知られるアングラー。北九州市在住でホームグラウンドは玄海灘、響灘ではあるものの鯛ラバで真鯛が狙えるところは日本全国くまなく釣り込んでいる。タイラバゲームでは大型狙いを得意としているものの、潮、風、真鯛の活性を元にあらゆる状況に対応できるオールラウンダー。

こんにちは!庄山英伸です。

今回はハヤブサの新しくリニューアルした、フリースライドブランドの2種類のタイラバについて解説していきます。

 

 

フリースライドブランドから新しく2種類のタイラバがデビュー

革新を続けるタイラバ、ハヤブサもトップランナーメーカーの一社としてとして発信し続けています。

フリースライドブランドは、今では一般的になった遊動式タイラバの先駆けとして立ち上がったブランドです。

その自負と使命を常に感じながら、商品開発して参りました。

そんなハヤブサから今期2種類のタイラバヘッドを提案します。

その2種類のタイラバヘッドのコンセプトですが…。

 

新しく開発されたタイラバヘッドのコンセプトは波動。

その開発コンセプトは、ずばり「波動」。

ヘッド本体およびヘッドの動きに影響されたネクタイやワームが発生させる波動が真鯛の捕食行動のスイッチを入れるということです。

ここでいう波動とは、水中で物体が移動する際に起こる水圧の変化、これを波動と言っています。

またそれは形状や速度により変化します。

そして海流、潮流の流れの影響も受け、常に一定ではありません。

この波動の強弱をヘッド、ネクタイ、ワーム、の組み合わせでコントロールして、真鯛の興味を引き、誘いましょうということです。

2種類の新しいヘッドは、それぞれに異なる波動を発生させる動きを仕込んでいます。

一粒で二度おいしい的効果を、ぜひ、タイラバシーンで確認していただきたいと考えております。

以下では、新製品の特長を解説させていただきます。

 

 

 

フリースライドSF(ストレートフォール)

ハヤブサ公式「フリースライドSF」詳細ページはこちら

フリースライドSFですが、SFはストレートフォールの頭文字をとりました。

このヘッドの特徴は、球体の片方を潰した形状にしています。

その目的は両サイドを使うことで、動きが変わるということ、動きが変わると後に続くネクタイ、ワームの動きも変化します。

ということは波動も変わります。

どちらがいいかはその日の真鯛次第。しかしそれを突き詰めてゆくのもタイラバの楽しさではないでしょうか?

パッケージから出したそのままを使って釣る釣りもいいですが、少し自分なりの工夫をしてみます。

ヘッドの向きを変えてみる。ネクタイを変えてみる、ワームに替えてみる。そういう工夫で‘釣れたから釣った’へ、そのお手伝いを一つのヘッドで形にしてみました。

ハヤブサラインナップの中で、SFヘッドは最も直進軌道を示すヘッドに位置づけされます。

ほかのアイテムとの使い分けで、その効果がはっきりされるでしょう。

SFヘッドのフォールの様子

 

フリースライドSF(ストレートフォール)の水中フォール映像&実釣動画をぜひチェック!

出典:YouTubeチャンネル「HAYABUSA公式チャンネル」

 

 

 

例えば、これは私の経験と認識の話ですが、
春、乗っ込み真鯛と呼ばれる、真鯛が産卵を控えて浅いエリアに上がってくる時季があります。

春の乗っ込み時は真鯛の雄と雌を釣り分けることが出来る

その、産卵前の個体を狙うとき、この直線軌道は最も違いを発揮するファクターになります。

抱卵した雌の個体は、その状態から激しく動くルアーにはあまり見向きをしない傾向にあると考えています。

昔バス釣りをやっているときに、激しくシェイクすると、先にオスが食ってきていました。

そこで動きを抑えて誘うことで、ウエートが高いメスを狙っていました。

これは海の真鯛でも同様の傾向が感じられます。

この春も、プリスポーン状態の真鯛を狙う釣行がありました。

同行者にメスを狙いますと宣言して、見事にメスで揃えることができました。

もちろん船の同船者にはオスも多数掛かる中でのことです。

では、ほかのシーズンではヘッドの効果が無いのかというと全くそうではありません。

この直進軌道が真鯛の活性で効果的ということ、さらに逆付けすることで軌道は大きく変えずに、動きを少し変えるという効果があります。

どちらがいいかは真鯛次第。

 

 

今回のフリースライドシリーズからEYEが変更しました

しかし必ず、必須アイテムになりうる新製品SFヘッドです。

このフリースライドシリーズからEYEを変更しました。

フラッシング効果を持たせる目的があります。

しかし過度のフラッシングは使うシーンを限定的にするので、その効果はあくまで中庸で行っています。

 

 

カラーリングは、メタリック系を多用した配色になっています。

ラインを通す入り口には硬質のパーツを装着し、極力リーダーラインの滑りを良くし、傷を最小限に抑えるようにしています。

 

続いてWFヘッドの特徴についてです。

1 / 3
次へ